15分で立ち上げる Azure 仮想ネットワーク サイト間接続

LINEで送る
Pocket

Azure 仮想ネットワーク サイト間接続とは

Azure 仮想ネットワーク サイト間接続はAzure 上の仮想のネットワークとローカルネットワークをVPN接続出来るサービスです。

図

実際にやってみます。

サイト間接続の仮想ネットワークの作成

1.仮想ネットワークの作成
仮想ネットワークの作成を進めます。

仮想ネットワークの詳細

次の「DNSサーバおよびVPN接続」で「サイト間接続の構成」にチェックをいれます。
画面下部のプレビューでローカルネットワークと接続されているのがわかります。

DNSサーバおよびVPN接続

2.サイト間接続の設定
サイト間接続の設定を行います。
ローカルネットワークの「名前」と「VPNデバイスのIPアドレス(グローバルIP)」を入力し、ローカル側のアドレス空間を入力します。

サイト間接続

次に仮想ネットワークのアドレス空間を設定します。
「ゲートウェイサブネットの」作成を選択します。

仮想ネットワークのアドレス空間

ゲートウェイサブネット

仮想ネットワークが作成されました。

仮想ネットワーク一覧

続いて仮想ネットワークのダッシュボードから「ゲートウェイの追加」で静的ルーティングを選択します。

ゲートウェイの追加

ゲートウェイの追加2

青色になれば成功です。

ゲートウェイの作成中

作成されるとゲートウェイIPアドレスが表示されます。
こちらはVPN設定を行う際に利用します。

ゲートウェイの作成完了

また、スクリプトも用意されており、次のデバイスで利用出来ます。

スクリプト

スクリプト2

画面下部のキー管理から共有キーを取得します。

共有キー

今回はYamahaのRTXなので、次のような設定を利用しました。

3.確認
ルーター側の設定が成功すれば次のような画面となります。

成功画面

次回もお楽しみに!!!

LINEで送る
Pocket