Azureを利用するためのVisual Studioインストール

今回はAzureの各種サービスを利用する上では必須となるVisual Studioのインストール方法を紹介します。

事前準備

・ Microsoft Azure Portalのアカウント
・ ブラウザ

必要スキル

・ 特になし

操作編

1. Visual Studio Communityのサイトにアクセスし、Visual Studio 2013 Communityと日本語パックをダウンロードします。
http://www.microsoft.com/ja-jp/dev/products/community.aspx
http://www.visualstudio.com/ja-jp/downloads/download-visual-studio-vs#d-community-expando
ダウンロード

2. ダウンロードした「vs_community.exe」をインストールします。
※数分~数十分かかります。

3. ダウンロードした「vs_langpack.exe」をインストールします。
※数分~数十分かかります。

4. 両方のインストールが完了したらVisual Studio Onlineを起動します。

5. 起動時には英語環境になっていると思いますので、
TOOLS > Options > International Settings
からlanguageを選択します。
Visual Studioのオプション
Visual Studioの言語設定

6. Visual Studioの再起動を行うと、日本語化されます。
右上からサインインしましょう。
Visual Studio Onlineにサインイン
Visual Studio Onlineにサインイン

7. 続いてAzureにログインします。
左メニューの「サーバエクスプローラー」をクリックし、Azure上で右クリックします。
「Microsoft Azureサブスクリプションへの接続」をクリックしてサインインします。
Azureにサインイン
Azureにサインイン

8. サインインするとサーバエクスプローラー上にAzure上で利用しているサービス情報が表示されます。
設定完了

次回からはVisual Studioを利用して各種サービスを利用してみます。

お楽しみに!