Azureを利用するためのVisual Studioインストール

LINEで送る
Pocket

今回はAzureの各種サービスを利用する上では必須となるVisual Studioのインストール方法を紹介します。

事前準備

・ Microsoft Azure Portalのアカウント
・ ブラウザ

必要スキル

・ 特になし

操作編

1. Visual Studio Communityのサイトにアクセスし、Visual Studio 2013 Communityと日本語パックをダウンロードします。
http://www.microsoft.com/ja-jp/dev/products/community.aspx
http://www.visualstudio.com/ja-jp/downloads/download-visual-studio-vs#d-community-expando
ダウンロード

2. ダウンロードした「vs_community.exe」をインストールします。
※数分~数十分かかります。

3. ダウンロードした「vs_langpack.exe」をインストールします。
※数分~数十分かかります。

4. 両方のインストールが完了したらVisual Studio Onlineを起動します。

5. 起動時には英語環境になっていると思いますので、
TOOLS > Options > International Settings
からlanguageを選択します。
Visual Studioのオプション
Visual Studioの言語設定

6. Visual Studioの再起動を行うと、日本語化されます。
右上からサインインしましょう。
Visual Studio Onlineにサインイン
Visual Studio Onlineにサインイン

7. 続いてAzureにログインします。
左メニューの「サーバエクスプローラー」をクリックし、Azure上で右クリックします。
「Microsoft Azureサブスクリプションへの接続」をクリックしてサインインします。
Azureにサインイン
Azureにサインイン

8. サインインするとサーバエクスプローラー上にAzure上で利用しているサービス情報が表示されます。
設定完了

次回からはVisual Studioを利用して各種サービスを利用してみます。

お楽しみに!

LINEで送る
Pocket