Azure Active DirectoryのSSOでGoogle Analyticsにログインする

LINEで送る
Pocket

今回はAzure Active Directoryに他のアプリケーションとID連携してシングルサインオン(以後SSO)を利用して、Google Analyticsにログインする方法を紹介します。

今回はGoogle Analyticsを紹介しておりますが、SalesforceやTrelloなど約2,500個のギャラリーがあり、それ以外にも自社のアプリケーションともID連携することが可能です。

この記事の目次

事前準備

・ Azure Active Directory
・ AD上のユーザー
が必要となります。

参考:Azure上でActive Directoryを立ち上げてみた

操作編

Active Directoryの作成

1. アプリケーションの追加 作成したActive Directoryの”アプリケーション”タグから「アプリケーションの追加」をクリックします。
1つでも追加済みの場合、①は表示されませんので②から作成を行います。
cap01

2. クリックするとポップアップが表示されるので「ギャラリーからアプリケーションを追加します」をクリックします。
※ここで「組織で開発中のアプリケーションを追加」をクリックすると、ギャラリー外のアプリケーションを追加することも出来ます。
cap02

3. ギャラリーが表示されるので、必要なアプリケーションを選択します。
cap03

キーワード検索することが可能なので、「Google」と検索して、「Google Analytics」を選択します。
cap04

4. アプリケーションの画面にリダイレクトされます。
標準で”シングルサインオンが有効”となっておりますので、「ユーザーの割り当て」をクリックします。
cap05

既存のActive Directoryやその他のSSOサービスを選択することも出来ます。
cap06

5. ID連携したいユーザーを選択し、「割り当て」をクリックします。
cap08

6. “ユーザーの割り当て”がポップアップ表示されます。
このまま管理者がGoogle Analyticsのログイン情報を入力する場合は、「ユーザーの代わりにGoogle Analytics資格情報を入力する」にチェックします。
cap09

cap10

7. 続いて該当ディレクトリのアプリケーション(今回の場合、Google Analytics)のダッシュボードに移動し、「シングルサインオンURL」を取得します。
cap11

8. 該当URLにアクセスし、ログインを行います。

「ユーザーの代わりにGoogle Analytics資格情報を入力する」を行わない場合はサインイン画面が表示されます。
cap13

行っている場合は、”Access Panel Extension”インストールの確認画面が表示されます。
cap12

※ ”Access Panel Extension”のインストールはブラウザごとに異なっております。
特にこの画面上で、SSOするためのアプリケーションにもサインインする場合にはインストール画面に遷移しないので手動でのインストールが必要です。
https://account.activedirectory.windowsazure.com/Applications/Troubleshooting.html

Google Chromeの場合、拡張機能からインストールできます。
cap14

cap15

9. 設定が完了すると自動的にGoogle Analyticsの画面にログインした状態で遷移します。
次回以降は、ディレクトリサービスにログインするとアプリケーションに「Google Analytics」が追加されており、ワンクリックで遷移することが確認できます。
cap16

次回もお楽しみに!!

LINEで送る
Pocket