Azure Storage(キュー ストレージ)について~概要編~

LINEで送る
Pocket

今回はAzure Storageの「キューストレージ」について、概要をご案内していきます。
※Azure Storageの概要はこちらをご参照ください。

キューストレージは、メッセージキューをサポートしており、次の特徴があります。
・64KB以下のテキストメッセージを送受信
・格納されたメッセージの生存期間は7日間
・キューの最大サイズは200TB
・作成可能なキューの数に制限なし
・トランザクションサポートなし

Azureで提供されるキューサービスは、この「キューストレージ」と「Service Bus」があります。(ここではService Busについては記載致しません。)
以下のような場合は「キューストレージ」の利用を検討してほうが良いです。

キューストレージの利用を検討したほうが良いケース

・アプリケーションでキューに格納する必要があるメッセージの量が 80 GB を超えており、メッセージの有効期間が 7 日未満の場合。

・アプリケーションでキュー内のメッセージ処理の進行状況を追跡する必要がある場合。

・キューに対して実行されたすべてのトランザクションのサーバー側のログが必要な場合。

キューストレージで提供される基本的なキューサービス

順序の保証 保証されない
配信保証 At-Least-Once
トランザクションのサポート サポートされない
受信動作 非ブロッキング
(新しいメッセージがない場合はすぐに完了します)
プッシュ型 API いいえ
受信モード Peek & Lease
排他アクセス モード リース ベース
リース/ロックの期間 30 秒 (既定)/7 日間 (最大)
リース/ロックの粒度 メッセージ レベル
一括受信 はい
(メッセージを取得するときにメッセージ数 (最大 32) を明示的に指定します)
一括送信 いいえ

キューストレージの料金

料金はこちらを参照願います。

いかがでしたでしょうか?
次回はAzure Storageのその他のサービスについてご案内致します。

次回もお楽しみに!!

LINEで送る
Pocket