Azure Storageについて~概要編~

LINEで送る
Pocket

今回はAzureのクラウドストレージの「Azure Storage」の概要についてご案内していきます。
Azure Storageは、標準ストレージと現在プレビュー状態のPremium Storageというものがあります。
今回は標準ストレージのみご案内していきます。

標準ストレージは以下にように保存するデータ種別によって分かれております。

図1

※ZRS の使用は、現在、ブロック BLOB に限られます。

Azure Storageの冗長性について

Azure Storageは、以下の冗長性を高める仕組みを選択することができます。

① LRS:データのコピーが 3 つ保持されます。LRS は、1つのリージョンの1つの施設内で 3 回複製されます。
② ZRS:データのコピーが3つ保持されます。ZRS は、1つまたは2つのリージョン内の2~3つの施設で 3 回複製され、LRS よりも高い持続性を実現します。
③ GRS:、データのコピーが6つ保持されます。GRS を使用すると、データがプライマリ リージョン内で 3 回複製され、プライマリ リージョンから数百マイル離れたセカンダリ リージョンでも 3 回複製されます。そのため、最も優れたレベルの持続性が実現されます。

Azure Storageの料金について

Azure Storageの料金については以下になります。
※詳細な料金表は公式ページをご確認お願い致します。
http://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/details/storage/

  STORAGE 容量 LRS ZRS GRS RA-GRS
ブロックBLOB 最初の 1 TB/月 \2.45 (GB あたり) \3.06 (GB あたり) \4.90 (GB あたり) \6.23 (GB あたり)
ページBLOB 最初の 1 TB/月 \5.10 (GB あたり) \9.69 (GB あたり)   \12.24 (GB あたり)
Table 最初の 1 TB/月 \7.14 (GB あたり) \9.69 (GB あたり)   \12.24 (GB あたり)
Queue
Files (プレビュー)   ¥4.08 (GB あたり)   ¥5.10 (GB あたり)  

いかがでしたでしょうか?
次回はAzure Storageの注意事項や他サービスとの比較等についてご案内させて頂きたいと思います。

次回もお楽しみに!!

LINEで送る
Pocket