Azure Storage編~5分でわかるAzure storage blob アップロードとダウンロード~

LINEで送る
Pocket

今回はAzure Storageを使ってアップロードとダウンロードを行います。

Azure Backup Azureコンソール側準備

前回はコンテナを作成しました。
Azure Storageはコンソールからストレージに直接アップロードができないようです。
そのため、アップロードのためのツールをまず用意しましょう。

今回はWindows Azure Explorerというツールを使用しました。
ダウンロードはこちらから行います。

ダウンロードとインストールを終了後Azureへ接続の設定を行います。

まずAdd Accountを選択します。
Storage account nameに作成したストレージの名前をStorage account keyにはストレージの管理キーを入力します。
storage1

ストレージの管理キーは、Azureの管理ポータルの「アクセスキーの管理」から確認できます。
storage2
storage3
プライマリキーをコピー後Storage account keyに入力します。
入力後ストレージにアクセスできるかTest Accessを選択、通信が確認できたらSaveを選択しましょう。

Windows Azure Explorer操作

それでは作成したアカウントを選択します。
使いたいストレージタイプを選択後、Newを選択します。
storage4
格納するコンテナの名前を入力し、閲覧権限を設定します。
storage6

閲覧制限は下記の通りになっています。
パブリックコンテナー…コンテナとコンテナ内のデータにアクセスしデータを閲覧することができます。
パブリックBlob…コンテナのデータのみ一般公開です。
プライベート…所有者のみ閲覧可能です。
今回はテストのために一番上を選択します。
選択後Createを選択し、コンテナを作成します。

ファイルのアップロード

作成したコンテナにファイルをアップロードします。
作成したコンテナを選択すると右にメニューが表示されます。
「Upload」をクリックして、ファイルをアップロードします。
storage7

権限を確認するためにコンソールに戻ります。
「ストレージ」「作成したストレージ」「コンテナー」の順に選択すると
作成したコンテナーを確認できます。
storage8
選択したコンテナーに入るとアップロードしたファイルを確認できます。
storage9

また、下の「ダウンロード」からダウンロードすることができます。
閲覧権限をパブリックコンテナー、パブリックBlobに設定している場合、
ファイルに付属しているURLをブラウザから入力することで閲覧することができます。
プライベート設定の場合アクセスできません。

以上でBlobストレージの一通りの使い方をご説明いたしました。
ファイルを共有したいなどの場合に手軽に使用できるツールだと思います。

次回もお楽しみに!

LINEで送る
Pocket