3分で導入するPower BI Designer

LINEで送る
Pocket

今回は、Azureから少し離れて、BIツール「Power BI Designer」についてご紹介します。

Power BI Designerとは

先日、日本マイクロソフト社が無料のBI(ビジネスインテリジェンス)ツールである「Power BI Designer」の提供を開始しました。

従来はExcelのアドオンとして提供されていましたが、Excelの有無に関係なく利用が可能です。
現在は英語のみの提供ですが、2015年中に日本語対応した正式版が提供されます。

ダウンロード

下記URLからダウンロードができます。
https://powerbi.microsoft.com/

右上の「Downloads」をクリックします。
Power BI-01

ツールは三種類提供されております。
Power BI-02
・Microsoft Power BI Designer(PC用)
 データ可視化の操作を行う、メインのBIツールです。

・Microsoft Power BI app for Windows and iOS
 可視化されたデータをWindowsタブレットやiOSで閲覧するためのツールです。

・Microsoft Power BI Analysis Services Connector
 クラウドにデータを移動することなく、オンプレミスのSQL Server Analysis Servicesインスタンスに接続するツールです。

今回は「Microsoft Power BI Designer」をダウンロードします。

ダウンロードされたらインストーラーを起動します。
「Next」をクリックします。
Power BI-03

ライセンス規約に同意します。
Power BI-04

インストールする場所を選択します。
Power BI-05

「Install」をクリックします。
Power BI-06

インストールが完了したら「Finish」をクリックします。
Power BI-07

以上でPower BI Designerのインストールが完了です。

早速開いてみると、チュートリアルが表示されます。
Power BI-08

読み込めるデータについて

画面左上、もしくはチュートリアル画面にある「Get Data」から読み込むデータを指定できます。

データはExcelやXMLファイル、SQLやMySQL・PostgreSQL等の各種データベース、Microsoft Azureのデータベースサービスの他、facebookやGoogle Analyticsからも指定ができます。
Power BI-09
Power BI-10

詳しい使い方については次回以降ご紹介していきます!

お楽しみに!

LINEで送る
Pocket