Azure Event Hubsを触ってみた④ REST API送信編

LINEで送る
Pocket

今回はEvent Hubsに向けてREST APIでの送信をテストしてみます。

Event HubsのREST API

Event HubsのREST APIは下記にレファレンスがあり、管理ポータルを使わなくともEvent Hubの作成・削除・情報取得・送信等が可能です。
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/azure/dn790674.aspx

Event Hubへの送信

REST APIを使ってEvent Hubへメッセージイベントを送信するための形式は下記の様になります。

今回はREST APIのテストツール「DHC」を使って送信してみます。
(https://chrome.google.com/webstore/detail/dhc-resthttp-api-client/aejoelaoggembcahagimdiliamlcdmfm)
下記のように「201 Created」と表示されていれば成功です。

AzureのEvent Hubダッシュボードでも送信が成功していることが確認できます。

SASトークンについて

先ほど送信したREST APIですが、送信にあたって予めSASトークンを発行する必要があります。
SASトークンを発行するためのレファレンスは.NETのものがあります。

参考レファレンス
https://azure.microsoft.com/ja-jp/documentation/articles/event-hubs-authentication-and-security-model-overview/

ただ、.NETに慣れていないユーザーからするとSASトークンを発行するだけでも手間になってしまうかもしれません。

その場合はサードパーティ製SASトークン作成ツールを利用することで発行ができます。
http://fabriccontroller.net/iot-with-azure-service-bus-event-hubs-authenticating-and-sending-from-any-type-of-device-net-and-js-samples/

入力に必要な項目はEvent Hubの名前空間、Event Hub名、デバイス名(テストなので仮の名称)、Event Hubの共有アクセスポリシーとポリシーキーとなります。

発行されたSASトークンを先ほどのREST APIでヘッダーとして入力することで利用ができます。

今回紹介した内容は主にテスト用途になりますが、実際にEvent hubにデータを送る処理を実装する際にも応用できると思いますので、皆様の参考になれば幸いです。

次回もお楽しみに!

LINEで送る
Pocket