~【Language編】Azure Cognitive Servicesの価格と概要を調べてみた~ 1/2

LINEで送る
Pocket

初めまして!今回が初投稿で、至らない点も多々あるかと思いますが最後まで読んでいただければ幸いです!

では、さっそく本題!Azure Cognitive Servicesをちょっと調べてみました。

■Azure Cognitive Servicesとは?

Cognitive Servicesとは、今までMicrosoftが集めたデータを基に人工知能が文字や音声、画像・映像を認識したり、次の文字や動きを予測したり、判断するサービスです。

サービスの種類がVision、Speech、Language、Knowledge、Searchの5種類あります。

■Azure Cognitive Servicesのコンソールについて

Azure新ポータルでCognitive Servicesを立ち上げる方法は2パターンあります。
・1つ目が新規→ Intelligence→Cognitive Services APIs
・2つ目が参照→Cognitive Services account

クリックするとどのAPIを使いたいのか、どの価格帯を使いたいのかを選択する画面となります。

デプロイが完了するとクイックスタートという項目があり、IntroductionやGet started、Get free toolsがあります。

Introduction・・・About Cognitive Services、選択したCognitive ServiceのAPIがあり、About Cognitive Servicesをクリックして進めると導入のための購入画面に進みます。

選択したサービスAPIをクリックすると簡単な概要と価格のページに進みます。

Get started・・・API Documentation、Developer Code of Conductがあり、API Documentationをクリックすると選択したAPIのドキュメントを見ることができます。

Developer Code of Conductをクリックすると利用規約のページに進みます。

Get free tools・・・ProjectOxford-ClientSDKにてAndroid、Python、WindowsのそれぞれのSDKが提供されています。

次より、Cognitive Services の中のLanguageについてご紹介したいと思います!

■Language(言語)

Language(言語)は、以下の5つのサービス(API)があります。

今回はそのうち2つのサービスについて、各サービスの概要と価格帯をご紹介いたします。次回に残りの3つのサービスについてご紹介させて頂きたいと思います。

■Language Understanding Intelligent Service API

・どんなAPIなの?どんなとき使うの?
このAPIは、次回ご紹介する予定のBing Speech APIというAPIと組み合わせることで
音声を認識して様々な処理ができます。
アプリケーションにBing(検索エンジン)とCortana(パーソナルアシスタント機能)をスマホやタブレット、PCに組み込むことで“目覚ましを午前8時に設定”、“会社に着いたら薬を飲むよう通知”といった処理ができるようになるので忘れがちな行動を自動で通知してもらえるようにできます。
また、音声で処理ができるため手の不自由な方の助けにもなるかと思います。

・価格
無料:100,000トランザクション/月
Standard:0.75ドル/1000トランザクション(最大10トランザクション/秒)

■Text Analytics API

・どんなAPIなの?どんなとき使うの?
このAPIは、英語のテキストを分析し、評価をだしたり、重要な部分を抜き出したりできるAPIです。英語が苦手な方に最適なAPIですね!

デモがあるようなので使ってみました!

デモのURLはこちら↓
https://text-analytics-demo.azurewebsites.net/

文章がポジティブな文章なのかネガティブな文章なのかも判定できるみたいで、100%に近いほどポジティブ、0%に近いほどネガティブのようです。
今回は“これはペンです”と英語で書いただけですのでどちらでもない46%という結果になったようです。なかなかおもしろいですね!

また、言語の検出もできるため、そもそも何語で書かれているかもわからない!といった場合でも120言語サポートしていて特定することができます。120なので有名な言語だけかもしれませんが試してみる価値はあるかと思います!

実際にタミル語で試してみました!

言語が検出できました!ですが、重要な部分の抜き出しと感情の判定はまだ対応できていないようですね。

・価格 ※プレビュー割引適用
無料:5000トランザクション/月
S1 Standard:150ドル/月(100,000トランザクション)、超過金1.5ドル/1000トランザクション
S2 Standard:500ドル/月(500,000トランザクション)、超過金1ドル/1000トランザクション
S3 Standard:1,250ドル/月(2,500,000トランザクション)、超過金0.5ドル/1000トランザクション
S4 Standard:2,500ドル/月(10,000,000トランザクション)、超過金0.25ドル/1000トランザクション

本記事は以上になります。最後までお読みいただきありがとうございました。
次回はLanguageの残りの3つのサービスをご紹介させていただきます!

LINEで送る
Pocket