仮想マシンに逆引き設定をしてみた

LINEで送る
Pocket

今回は、Azure上で稼働している仮想マシンに対し逆引き設定を行ってみます。
※リソースマネージャー環境が対象となります。

1. Azureでの逆引き設定

Azureの仮想マシンに対しPowerShellを使って逆引き設定をすることができます。
仮想マシン内でメールサーバーを構築する場合にはこの逆引き設定が必要になりますが、将来的にはAzure DNSの正式リリース後に方法が変更になる可能性はあると思われます。

2. 設定する情報

対象ドメイン:recipetest.kc-cloud.jp (テスト)
対象パブリックIP名:recipetest
リソースグループ:recipetest
※予めパブリックIPは静的にしておく必要があります。設定はポータルからできます。

3. PowerShellの操作

下記のコマンドで実行できます。

実行時にエラーが出る場合は下記の原因が考えられます。
・該当ドメインの逆引き権限が委譲されていない
・パブリックIPが動的になっている
・ドメインネームラベルが既存で他者に使われている

成功していれば、逆引きがされていることを確認できます。

以上が操作となります。
Azureでメールサーバーを構築する場合等に参考にしていただければと思います。

次回もお楽しみに!

LINEで送る
Pocket