HoloLens 公式チュートリアル Holograms 210 Gaze 1章

こんにちは。ナレコム繁松です。

ドコモがドローン、パワードスーツ、ARなどの先端技術を使った災害対策を行ったみたいですね。
パワードスーツを使用したことがないので、どのくらい役に立つか気になります!
参考記事

第22回はMicrosoft公式にあるチュートリアル Holograms 210 Gaze 1章 Unityセットアップを進めていきます。

準備

まず、以前の記事にある開発に必要な環境をインストールしておきましょう。

次に、HoloLensデバイスを開発環境に設定する必要があります。
ペアリングの記事に設定方法を書いているので、Developer modeを有効にしましょう。

プロジェクトファイルのダウンロードを行います。

以上でチュートリアルの準備は終了です。

Holograms 210 Gaze 1章 Unityセットアップ

Unityの設定

Unityを起動します。


[NEW]を選択し新しいプロジェクトを実行します。


Project nameを[ModelExplorer]に設定、[3D]を選択し[Create project]をクリックします。


[Edit]→[Project Settings]→[Player]を開きます。


[Windowsストアのアイコン]を選択し[Virtual Reality Supported]にチェックを入れます。
[Windows Holographic]が表示されます。表示されない場合は下にある[+]クリックし、Windows Holographicを選択します。


[Edit]→[Project Settings]→[Quality]を開きます。


Defaultの横にある[▼]をクリックし[Fastest]を選択します。
Windowストアのアイコンと下向き矢印のアイコンの[Fastest]が緑色のチェックになっていれば設定完了です。

Art Assetsのインポート


[Assets]を右クリック→[Import Package]→[Custom Package]を開きます。


最初にダウンロードしたプロジェクトファイルの[Starting]に移動します。
ファイル内にある[ModelExplorer.unitypackage]を選択し[開く]をクリックします。


[Import]をクリックします。

シーンの設定


[Main Camera]を右クリック→[Delete] でMain Cameraを削除します。


[Assets]→[HoloToolkit-Gaze-210]→[Utilities]→[Prefabs]にある[Main Camera]をドラッグアンドドロップで配置します。


[Directional Light]を右クリック→[Delete] でDirectional Lightを削除します。


[Assets]→[Holograms]にある[AstroMan][Lights][SpaceAudio][SpaceBackground]の4つをドラッグアンドドロップで配置します。


[▶]をクリックすると宇宙飛行士が表示されます。
もう一度[▶]をクリックし停止します。


[Assets]→[Holograms]にある[Fitbox]をドラッグアンドドロップで配置します。


[Fitbox]をクリックし[Inspector]の画面を開きます。
[AstroMan]をドラッグアンドドロップで[Hologram Collection]に配置します。

プロジェクトの構築


[File]→[Save Scene as]をクリックします。


[新しいフォルダー]クリックしフォルダ名を[Scenes]に変更しScenes内に移動します。


ファイル名を[ModelExporer]に設定し[保存]をクリックします。


[File]→[Build Settings..]をクリックします。


1. [Windows Store]を選択し[Switch Platform]をクリックします。
2. [Add Open Scenes]をクリックします。
3. SDKを[Universal 10]に変更します。
4. UWP Build Typeを[D3D]に変更します。
5. Unity C# Projectsにチェックを入れます。
6. [Build]をクリックします。


[新しいフォルダー]クリックしフォルダ名を[App]に変更し、Appフォルダを選択します。
ビルドが開始されます。
ビルドが完了するとエクスプローラーが開きます。


[ModelExplorer]→[App]にある[ModelExplorer.sln]を開くとVisual Studioが起動します。

  • USBを使用し実行する場合


まず、PCとHoloLensデバイスをUSBで接続する必要があります。
Visual Studioが起動したら、
1. [Release]を選択します。
2. [x86]を選択します。
3. [Device]を選択します。


4. [デバッグ]から、[デバッグなしで開始]を選択します。
もしくは、[Ctrl+F5]で実行します。

  • Wi-Fiを使用し実行する場合


Visual Studioが起動したら、
1. [Release]を選択します。
2. [x86]を選択します。
3. [リモートコンピューター]を選択します。


4. [アドレス]にHoloLensのIPアドレスを入力し、[認証モード]を[ユニバーサル]に設定し、[選択]をクリックでHoloLensと接続します。


5. [デバッグ]から、[デバッグなしで開始]を選択します。
もしくは、[Ctrl+F5]で実行します。

  • Emulatorを使用し実行する場合


Visual Studioが起動したら、
1. [Release]を選択します。
2. [x86]を選択します。
3. [HoloLens Emulator]を選択します。


4. [デバッグ]から、[デバッグなしで開始]を選択します。
もしくは、[Ctrl+F5]で実行します。


実行画面です。

以上が公式チュートリアル Holograms 210 Gaze Unityセットアップでした。
次回はHolograms 210 Gaze カーソルとターゲットのフィードバックを進めていきます。
お楽しみに!