HoloLens 公式チュートリアル Holograms 210 Gaze 1章

LINEで送る
Pocket

こんにちは。ナレコム繁松です。

ドコモがドローン、パワードスーツ、ARなどの先端技術を使った災害対策を行ったみたいですね。
パワードスーツを使用したことがないので、どのくらい役に立つか気になります!
参考記事

第22回はMicrosoft公式にあるチュートリアル Holograms 210 Gaze 1章 Unityセットアップを進めていきます。

準備

まず、以前の記事にある開発に必要な環境をインストールしておきましょう。

次に、HoloLensデバイスを開発環境に設定する必要があります。
ペアリングの記事に設定方法を書いているので、Developer modeを有効にしましょう。

プロジェクトファイルのダウンロードを行います。

以上でチュートリアルの準備は終了です。

Holograms 210 Gaze 1章 Unityセットアップ

Unityの設定

Unityを起動します。


[NEW]を選択し新しいプロジェクトを実行します。


Project nameを[ModelExplorer]に設定、[3D]を選択し[Create project]をクリックします。


[Edit]→[Project Settings]→[Player]を開きます。


[Windowsストアのアイコン]を選択し[Virtual Reality Supported]にチェックを入れます。
[Windows Holographic]が表示されます。表示されない場合は下にある[+]クリックし、Windows Holographicを選択します。


[Edit]→[Project Settings]→[Quality]を開きます。


Defaultの横にある[▼]をクリックし[Fastest]を選択します。
Windowストアのアイコンと下向き矢印のアイコンの[Fastest]が緑色のチェックになっていれば設定完了です。

Art Assetsのインポート


[Assets]を右クリック→[Import Package]→[Custom Package]を開きます。


最初にダウンロードしたプロジェクトファイルの[Starting]に移動します。
ファイル内にある[ModelExplorer.unitypackage]を選択し[開く]をクリックします。


[Import]をクリックします。

シーンの設定


[Main Camera]を右クリック→[Delete] でMain Cameraを削除します。


[Assets]→[HoloToolkit-Gaze-210]→[Utilities]→[Prefabs]にある[Main Camera]をドラッグアンドドロップで配置します。


[Directional Light]を右クリック→[Delete] でDirectional Lightを削除します。


[Assets]→[Holograms]にある[AstroMan][Lights][SpaceAudio][SpaceBackground]の4つをドラッグアンドドロップで配置します。


[▶]をクリックすると宇宙飛行士が表示されます。
もう一度[▶]をクリックし停止します。


[Assets]→[Holograms]にある[Fitbox]をドラッグアンドドロップで配置します。


[Fitbox]をクリックし[Inspector]の画面を開きます。
[AstroMan]をドラッグアンドドロップで[Hologram Collection]に配置します。

プロジェクトの構築


[File]→[Save Scene as]をクリックします。


[新しいフォルダー]クリックしフォルダ名を[Scenes]に変更しScenes内に移動します。


ファイル名を[ModelExporer]に設定し[保存]をクリックします。


[File]→[Build Settings..]をクリックします。


1. [Windows Store]を選択し[Switch Platform]をクリックします。
2. [Add Open Scenes]をクリックします。
3. SDKを[Universal 10]に変更します。
4. UWP Build Typeを[D3D]に変更します。
5. Unity C# Projectsにチェックを入れます。
6. [Build]をクリックします。


[新しいフォルダー]クリックしフォルダ名を[App]に変更し、Appフォルダを選択します。
ビルドが開始されます。
ビルドが完了するとエクスプローラーが開きます。


[ModelExplorer]→[App]にある[ModelExplorer.sln]を開くとVisual Studioが起動します。

  • USBを使用し実行する場合


まず、PCとHoloLensデバイスをUSBで接続する必要があります。
Visual Studioが起動したら、
1. [Release]を選択します。
2. [x86]を選択します。
3. [Device]を選択します。


4. [デバッグ]から、[デバッグなしで開始]を選択します。
もしくは、[Ctrl+F5]で実行します。

  • Wi-Fiを使用し実行する場合


Visual Studioが起動したら、
1. [Release]を選択します。
2. [x86]を選択します。
3. [リモートコンピューター]を選択します。


4. [アドレス]にHoloLensのIPアドレスを入力し、[認証モード]を[ユニバーサル]に設定し、[選択]をクリックでHoloLensと接続します。


5. [デバッグ]から、[デバッグなしで開始]を選択します。
もしくは、[Ctrl+F5]で実行します。

  • Emulatorを使用し実行する場合


Visual Studioが起動したら、
1. [Release]を選択します。
2. [x86]を選択します。
3. [HoloLens Emulator]を選択します。


4. [デバッグ]から、[デバッグなしで開始]を選択します。
もしくは、[Ctrl+F5]で実行します。


実行画面です。

以上が公式チュートリアル Holograms 210 Gaze Unityセットアップでした。
次回はHolograms 210 Gaze カーソルとターゲットのフィードバックを進めていきます。
お楽しみに!

LINEで送る
Pocket