HoloLens 公式チュートリアル Holograms 212 Voice 1章

LINEで送る
Pocket

こんにちは。ナレコム前川です。

今回はMicrosoft公式にあるチュートリアル Holograms 212 Voice 1章 Awareness を進めていきたいと思います。

Holograms 212では次のスキルを習得していきます。

第一章 認知 音声コマンドについての説明
第二章 確認応答 マイク入力でメッセージを録音しユーザにフィードバック
第三章 理解と Dictation Recognizer Dictation Recognizerを使用し予測と最終結果を表示
第四章 Grammar Recognizer Grammar Recognizerを使用しユーザの発音内容を認識する

準備

まずはこちらのファイルをクローンしてください。
私が使用したOSやアプリケーション等のバージョンは以下の通りです。

  • windows 10
  • Unity 5.5.3f1
  • Visual Stadio 2015
  • GitHubのファイルのバージョン:f38979ca3952ae96c90f24a9b6acaaec181ae15e

ダウンロードしたファイルをすべて展開しておきます。

Unityを起動し、[Open Project]をクリックします。

[Open]をクリックし、HolographicAcademy-Holograms-212-Voiceフォルダを探します。
HolographicAcademy-Holograms-212-Voiceフォルダ内の[Starting]フォルダに移動し、[ModelExplorer]フォルダを選択します。

[Project]パネルでSceneフォルダを選択し、[ModelExplorer]シーンをダブルクリックしてUnityを開きます。

次に、上部ツールバーから[File] -> [Build Setting] を選択します。


※[Scene Build]の中に[Scenes/ModelExplorer]がない場合は、[Add Open Scenes]をクリックして追加してください。

Build Settingでは6つの作業を行います。
1. [Windows Store]を選択。
2.[Switch Platform]をクリック。
3.[SDK]を[Universal 10]に変更。
4.[UWP Build Type]を[D3D]に変更。
5.[Unity C# Projects]にチェックを入れる。
6.[Build]をクリック。


Buildクリック後、フォルダが開くので”App”というフォルダを作成します。
作成したら[App]フォルダを選択します。


[App]フォルダを開き、[ModelExplorer Visual Studio Solution]をVisual Stadioで開きます。

1. [Debug] -> [Release]に変更し、[ARM] -> [x86]に変更します。
2. [デバイス]ボタンを[リモート コンピューター]に変更します。

デバイスのIPアドレスを入力し、[認証モード]を[ユニバーサル]に設定します。
メニューで [デバッグ]、[デバッグなしで開始] の順に選択するか、Ctrl + F5で実行します。

第1章 Awareness

それでは、第一章を進めて行きたいと思います。


Unityの[Hierarchy]パネルの検索ツールを使用して、
[holoComm_screen_mesh]を探してダブルクリックし、[Scene]で表示します。

[Inspector] パネルで [Keyword Manager (Script)] コンポーネントに移動します。
[Keyword Manager (Script)]にある[Keywords and Responses]をクリックし、
サポート対象の音声コマンドである”Open Communicator”を確認します。

Keyword ManagerスクリプトをVisual Stadioで開きます。
KeywordManager.csを調べ、KeywordRecognizerを使用して
音声コマンドを追加する方法とデリゲートを使用してコマンドに応答する方法を理解します。

配置とビルド

次に、ビルドと配置を行います。

[デバッグ]、[デバッグなしで開始] の順に選択するか、Ctrl + F5で実行します。

アプリを配置したら、ジェスチャーで空中をタップします。
宇宙飛行士の腕時計に視線を送るとカーソルがマイクに変わります。
腕時計に視線を送りながら、「Open Communicator」と発音するとコミュニケーターパネルが開きます。

カーソルがマイクに変わることで、アプリの音声コマンドを聞いているというフィードバックを提供しています。
また、腕時計にツールチップが表示されることで、
ユーザは「Open Communicator」コマンドを認知することができます。

アプリを実行した際の画像はこちらです。

第一章はこれで以上です。お疲れ様でした。

LINEで送る
Pocket