Bot FrameworkとTranslator Text APIを使って簡単な翻訳Botを作ってみる ①準備編

LINEで送る
Pocket

こんにちは、Michaelです。
今回から数回に分けて、Microsoftの「Bot Framework」を使った、簡単なChat Botを作っていきます。せっかくなのでCognitive ServicesのTranslator Text APIも組み合わせて、入力されたテキストを翻訳して返すBotを作成してみようと思います。
1回目の今回は準備編として、Bot Frameworkの開発環境の準備と入力した言葉をそのまま返す「オウム返しBot」を作成します。

Bot Frameworkについて

Bot FrameworkはMicrosoftが2016年4月に公開したコミュニケーションツール用のBot開発フレームワークで、SkypeやSlack等と連携したBotを簡単に作成することができます。
Bot Frameworkは、「Bot Connector」と「Bot Application」という2つの要素によって構成されており、Bot Applicationが文章の処理や、応対を、Bot Connectorが各種コミュニケーションツールとの接続をそれぞれ担っています。Bot Connectorに関しては、コミュニケーションツールの接続設定がプリセットされているため、実質的にBot Applicationの開発さえすれば、Chat Botを作成することができようになっています。

Bot開発のフロー

Bot Frameworkを使ったBotの開発フローは大まかに以下のようになります。

1. Bot Applicationの開発 (C#、Node.js)
2. Bot Framework Emulatorによるローカルデバッグ
3. Azure App Service等へのデプロイ
4. Bot Connectorへの登録、連携

今回は開発の手始めとして上記フローの1, 2までを実施して、ローカル環境で動く簡単な翻訳Botを作成してみます。

開発環境の準備

開発環境には、ローカルのWindows 10にNode.jsをインストールしたものを用意しました。
Node.jsは、こちらからダウンロードしてインストールをしておきます。
Botを作成するディレクトリをコマンドプロンプトで開き、下記のコマンドでnpmの初期設定を実行します。

初期設定が終わったら、Bot Framework SDKの「Bot Builder」とAPIサーバーとして機能させるための「Restify」をnpmでそれぞれインストールします

最後に作成したBotのテスト用にBot Framework Emulatorをインストールします。
Bot Framework Emulatorはこちらからダウンロードしてインストールをしておきます。

以上が完了したら、Bot Applicationの本体を作成していきます。

オウム返しBotの作成

Bot Applicationのスクリプトは、APIサーバーの設定と対話フローの設定の部分に分けられます。APIサーバーの設定に関しては決められた書式で記述すれば動作するため、Bot開発には対話フローをいかに設計するかが重要になります。
ただし、今回は単なるオウム返しのBotのため、下記のようにシンプルなスクリプトで実現できてしまいます。

・bot.js

上記のスクリプトではBots Dialogsで対話フローを設定していますが、session.sendにsession.message.textを設定することで、入力されたメッセージをそのまま返すように設定しています。

Botのテスト

作成したBotをテストしてみます。
Bot Applicationを保存したディレクトリをコマンドプロンプトで開き、下記コマンドで作成したBot Applicationを起動します。


続いてBot Framework Emulatorを開いてBot Applicationと接続します。
画面上部のURL欄に下記アドレスを入力し、「CONNECT」をクリックします。
URL: http://localhost:3978/api/messages


いくつか、テキストを入力するとそれと同じ言葉がBotから帰ってきていることが確認できました。


今回は、Bot Frameworkで簡単なオウム返しBotを作成ましたが、Bot Applicationでは、Bots Dialogsの部分をCognitive ServicesのAPIと組み合わせることで、様々な機能を付け加えることができます。
次回は、Cognitive ServicesのTranslator Text APIを使用して、オウム返しBotに翻訳機能を追加してみます。
お楽しみに。

LINEで送る
Pocket