HoloLens 公式チュートリアル Mixed Reality 250 1章

LINEで送る
Pocket

こんにちは、ナレコム前川です!

今回は、Microsoft公式チュートリアル Mixed Reality 250 Sharing mixed reality 1章
を進めていきたいと思います。

Mixed Reality 250 では次のスキルを習得していきます。

第1章 開発環境の準備
第2章 MRアプリの入力処理の方法
第3章 他ユーザーとの共有
第4章 MR装置の体験
第5章 共有している装置間での共同作業

準備

まずはコチラからをダウンロードしてください。
ダウンロードの方法は以下の手順で行ってください。

①[Branch]の中の[master]を選択。
②[Clone or download] をクリック。
③[Download ZIP]をクリック。
ダウンロードが完了したら、ファイルを解凍。

以上で準備完了です。

今回、私が使用した開発ツールのバージョンは以下の通りです。

  • Windows 10 SDK (10.0.16299.0)
  • Unity 2017.2.0f3
  • Visual Studio 2017 (15.4.2)

それでは、進めていきましょう。

1章 Holo World

まず、Unity を起動して、ダウンロードしたフォルダーを開きます。

①Open をクリック。
②先程ダウンロードしたファイルから “MixedReality250-master” を選択。
③フォルダーの選択をクリック。

MixedReality250-master が開いたら、上部ツールバーから [Build Settings] をクリックしてください。

次の手順で操作を行います。
① [Universal Windows Platform] を選択。
② [Switch Platform] をクリック。
③ [Target device] と [Build Type] が [Any device] と [D3D] になっているか確認。
④ [Unity C# Projects] にチェック。
⑤ [Player Settings] をクリック。
– [Inspector] パネルから [XR Settings] を展開して [Virtual Reality Supported] にチェック。

※Unity2017 から [Other Settings] で設定していた [Virtual Reality Supported] が
[XR Settings] として別にまとめられています。

次に、シーンの作成を行っていきます。

[Hierarchy] パネルにある [Main Camera] を削除してください。

そして、[Project] パネルの [HoloToolkit] -> [Input] -> [Prefabs] 内にある
[MixedRealityCameraParent] を [Hierarchy] パネルへドラッグ&ドロップします。

続いて、[Project] パネルの [App Prefabs] 内にある [Skybox] を [Scene View] に追加します。
また、同じ場所にある [Managers] と [Island] を [Hierarchy] パネルに追加します。

追加したらシーンを保存します。
シーン名はなんでも良いですが、私は “SharedMixedReality” にしました。

それでは、実行していきます。

配置とビルド

いつも通り配置とビルドを行います。
配置とビルドに関しては、HOLOLENS 5つのビルド方法を参照してください。

実行すると、目の前に島が現れます。
島の周りを一周して観察してみてください。
とくに操作などはありません。

実行動画はコチラです。

以上です、お疲れ様でした。

LINEで送る
Pocket