HoloLens 公式チュートリアル Mixed Reality 250 3章

LINEで送る
Pocket

こんにちは、ナレコム前川です!

今回は、Microsoft公式チュートリアル Mixed Reality 250 Sharing mixed reality 3章
を進めていきたいと思います。
前回からの続きになるので Mixed Reality 250 1章から始めてください。

それでは、進めていきましょう。

この記事の目次

3章 Sharing

まず、Unity に戻って、[Build Settings] が開いている場合は閉じましょう。

初めに、[Hierarchy] パネルから [Island] と [VRRoom] を削除します。

次に、[Project] パネルの [AppPrefabs] 内にある [Usland] を
[Hierarchy] パネルに追加してください。
このオブジェクトに先程削除した2つのオブジェクトがまとめられています。

続いて、同様に、[Project] パネルの [AppPrefabs] 内にある
以下のプレハブを [Hierarchy] パネルに追加してください。

  • UNETSharingStage
  • UNetAnchorRoot
  • UIContainer
  • DebugPanelButton

追加したらシーンを保存しましょう。

それでは、実行していきます。

配置とビルド

いつも通り配置とビルドを行います。
配置とビルドに関しては、HOLOLENS 5つのビルド方法を参照してください。

実行すると、始めにメニューが現れます。
「Debug」をタップしてみてください。
次に、「Debug」を再度タップして閉じ、
ホストとなる HoloLens のユーザーは「Start」をタップしてください。

他のユーザー(HoloLensもしくはWindowsMRなどのHeadset)は、
パネルに表示されるHoloLensのセッションを選択して「Join」をタップしてください。

島が表示されるのが確認できると思います。
島をタップして移動させて、山の裏に回ると「Debug」ボタンがあるので
タップして確認してみてください。
また、ヘッドセットでは、周りの人を見ることはできませんが、島を見ることができます。
私が実行したときは、HoloLensでセットしたところあたりに島が表示されました。

実行動画はコチラです。

以上です、お疲れ様でした。

LINEで送る
Pocket