Document DB対応リージョンと価格について

LINEで送る
Pocket

以前Document DBの概要の記事(https://azure-recipe.kc-cloud.jp/2015/08/azure-documentdb01/)がありますが、リージョンや価格の部分が新しくなっているので。改めて紹介をしたいと思います。

■利用可能リージョン
以前は、米国東部、米国西部、北ヨーロッパ、西ヨーロッパ、東アジア、東南アジア
のみでしたが、おそらくほぼ全リージョンで利用が可能となっています。もちろん日本も。
ということで下記が現在利用可能なリージョンの一覧になります。

■料金

課金対象となるのは、データを保存するための「ストレージ領域」と「1秒当たりのリクエスト数(RU)に応じたスループット」になります。

下記に前項で紹介したリージョンとそれに対応した料金を表にまとめました。

エリア リージョン 単位
SSDストレージ
(GB/月)
予約済み RU/秒 (100 RU ごと)
(¥/時間)
米国 西部 ¥25.50 ¥0.82
西武2
中西部
中南部
中部
中北部
東部
東部2
ヨーロッパ 西
アジア太平洋 東アジア
東南アジア
日本 西日本 ¥28.82 ¥0.92
東日本
ブラジル 南部 ¥38.25 ¥1.22
オーストラリア 東部 ¥29.33 ¥0.94
南東部
インド※ 西部 ×
中部 ¥29.07 ¥0.93
南部 ¥26.52 ¥0.85
カナダ 中部 ¥30.60 ¥0.98
東部 ¥28.05 ¥0.90
ドイツ※※ 中部 ¥30.60 ¥0.98
北東部
英国 西部 ¥25.50 ¥0.82
南部
Azure Government ×

※インドリージョン利用にあたって
インドリージョンは、インドに事業の活動拠点を持っている方のみ利用できます。
※※ドイツリージョンについて
欧州連合 (EU) と欧州自由貿易連合 (EFTA) のお客様およびパートナーを対象としています。

例えば、東京リージョンで1か月あたり500GBのSSDと500RU/秒を月720時間のうち50時間プロビジョニングした場合
SSD利用料\144.1
スループット料\230
という感じの費用感になります。

今回はここまでになります。
最後まで、ご覧いただきありがとうございました。

次回もお楽しみに。

LINEで送る
Pocket