HoloLens スマートフォンからIPD(瞳孔間距離)を変更する

LINEで送る
Pocket

ナレコム杉本です。HoloLensアドベントカレンダー19日目の記事です。
今回は、スマートフォンからHoloLensのIPDを変更するアプリケーションを作っていきます。

この記事はIPDをアプリ内からREST APIで変更を参考にしています。

この記事の目次

開発環境

開発環境は、以下の通りです。
■ Windows 10 Home
■ Visual Studio 2017 (15.4.4)
■ Unity 2017.1.2f

Unity

1. [IpdChanger.cs]を作成し、こちらのコードをコピー&ペーストしてください。

2. [Canvas]を作成し、TextUIの[Check_Text][IPD_Text]、SliderUIの[Slider]を作成してください。

3. [Slider]オブジェクトの子要素の[Background][Handle]のSouceImageをNoneに設定し、[Handle]のColorを任意の色に変更してください。

4. 空の[Function]オブジェクトを作成し、[IpdChanger.cs]をドラッグ&ドロップしてください。

5. [Check_Text][IPD_Text][Slider]を[Function]に設定されている[IpdChanger.cs]にドラッグ&ドロップしてください。

6. [Function]オブジェクトに設定されている[IpdChanger.cs]の[url]HoloLensのIPアドレス、[usr]デバイスポータルのユーザー名、[pass]デバイスポータルのパスワードをそれぞれ設定してください。

7. [Slider]のOnValueChangedに[Function]をドラッグ&ドロップし、プルダウンメニューから[IpdChanger.cs]->[OnIpdChanged]を選択してください。

ビルド

iosのビルドを行います。
 ① [AddOpenScene]をクリックしSceneを追加します。
 ② [PlayerSetting]をクリックし[inspector]でビルドの設定をおこないます。
 ③ [OtherSetting]->[Identification]->[BundleIdentifier]のProductNameを任意の名前に変更します。
 ④ [Build]をクリックしたらビルド完了です。

コチラが実行動画になります。

以上です。

LINEで送る
Pocket