WinMR Mixed Reality Immersive Headset のご紹介

LINEで送る
Pocket

こんにちは、ナレコム前川です。
HoloLens Advent Calendar 2017 11日目の記事です!

今回は、10月17日に販売が開始された Mixed Reality Immersive Headset についてご紹介していきます。
コチラの記事を参考にしました。

Mixed Reality Immersive Headset とは

マイクロソフト社が複数のメーカーと提携し販売しているPC向けのMRヘッドセット(没入型MRヘッドセット)です。
HoloLens は透過型で現実世界に 3DCG を重ねるのに対し、
Immersive Headset は没入型MRヘッドセットと言われ、VR体験ができます。
Immersive Headset では、視界をすべてヘッドセットで覆うため、
HoloLens と違って現実のものや人を見ることはできません。
また、PCに繋ぐことでVR体験が可能になります。

Immersive Headset は、「インサイドアウト方式」という位置トラッキングを取り入れているので、
外部センサー無しでVRの中を動き回ることができます。
実際に、起動してみると以下のように自分の動ける範囲が境界として表示されます。

それでは、実機の説明を行っていきます。

実機説明

弊社では、Acer の Immersive Headset を導入したのでそちらについて説明していきます。

  • Acer Immersive Headset 本体の箱
  • 大きい箱の中にヘッドセットとモーションコントローラーの箱が入っています。

  • Acer Immersive Headset 実機

  • 前方に搭載されたカメラで装着している人の位置を特定し、VR内で動けるようにします。


    ① HoloLens 同様、後ろのネジでサイズの調節を行います。
    ② イヤホンジャックにイヤホンを挿すことで音声を聞くことができます。


    USB3.0 と HDMI2.0 をPCに接続することで実機を起動することができます。

  • モーションコントローラー

  • モーションコントローラーが片手ずつ計2つ付いています。

  • 仕様
  • 項目 仕様
    画面解像度 1440 × 1440
    ディスプレイ LCD
    リフレッシュレート 最大90Hz(PCのスペックで変動有り)
    視野角 90度~105度
    オーディオジャック 3.5㎜
    ケーブル長 4.0m
    位置トラッキング インサイドアウト方式

以上で実機説明は終了です。

LINEで送る
Pocket