WinMR Mixed Reality Immersive Headset 開発環境

LINEで送る
Pocket

こんにちは、ナレコム前川です。
HoloLens Advent Calendar 2017 12日目の記事です!

Mixed Reality Immersive Headset の開発環境についてご紹介します。
今回は、公式の記事コチラの記事を参考にしています。

PC スペック

開発するために現在使用しているPCのスペックについて紹介していきます。

  • プロセッサ
  • – Intel(R) Core(TM) i7-7700HQ CPU @ 2.80GHz

  • メモリ
  • – 16 GB

  • OS
  • – Windows 10 Home 1709ver (OSビルド:16299.24)

  • ディスプレイ解像度
  • – 1920 × 1080

  • GPU
  • – Intel(R) HD Graphics 630
    – NVIDIA GeForce GTX 1050

  • GPUドライバ
  • – WDDM 2.2

開発環境と必要なツール

  • OS:Windows 10 Fall Creators Update 16299 以降
  • Visual Studio:Visual Studio 2017 Version 15.4
  • ※プロジェクトのターゲットバージョンを16299にしましょう。

  • SDK:Windows 10 Fall Creators Update SDK
  • ※Visual Studio 2017 の最新のバージョンに含まれています。

  • Unity:Unity Editor 2017.2
  • DirectX開発用:Holographic Templates(build 10.0.14393.1358)
  • GPUドライバの更新
  • – Intel HD Graphics 620/630/640/650:Driver Version 4729
    – AMD:Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.7.2 Driver Version 22.19.662.4
    – NVIDIA:385.28 Driver Version

ツールのインストールと確認方法

・Windows 10 Fall Creators Update

まず開発者モードにしておきましょう。
設定は、[設定] -> [更新とセキュリティ] -> [開発者向け] -> [開発者モード] で行えます。

次に、[設定] -> [システム] -> [バージョン情報] から
Windows の仕様のOSビルドが16299 以降になっていることを確認してください。

・Visual Studio 2017.2

Visual Studio Download

↑上のURLからVisual Studio のインストーラーをダウンロードしてください。
ダイアログが表示されるので、[Windows] -> [ユニバーサルWindowsプラットフォーム開発] に
チェックを入れてインストールを行ってください。

・Unity 2017.2

Unity Download

↑上のURLからUnity のインストーラーをダウンロードしてください。

インストーラーを開いたら次の手順で操作を行ってください。


「I accept…」にチェックを入れて「Next」をクリック


上の項目にチェックが入っていることを確認して「Next」をクリック
※Windows Store IL2CPP はインストールしない方が良いそうです。

あとは、インストール先のファイルを指定してインストールします。

きちんと開発するために必要なツールが入っているか確認するときは、
Unity で新規プロジェクトを作成して、[File] -> [Build Settings] -> [Platform]で
Universal Windows Platform を選択すると、右側に設定項目が現れるか確認してください。

これで、開発環境の構築は終わりです。
次回は、ヘッドセットのセットアップについてご紹介します!

お疲れ様でした。

LINEで送る
Pocket