Azure入門者がLinux仮想マシンの作成してみた

LINEで送る
Pocket

ハリーです。
今回からAzureにて仮想マシン(以下VM)の構築及び関連する設定について初心者向けにまとめた記事を作成していきます。それでは早速進めていきましょう!

<h2>AzureVM作成準備 </h2>
今回AzureVMを作成するにあたり、事前にSSHキーを使用する手順で行います。SSHキーの作成方法については別の記事に記載しているので、以下の記事を参照願います

Azure入門者がPuTTYでSSHキーを作成してみた

以下の手順で作成前の準備を行ってまいります。

①Azureにログインして右上の「ポータル」をクリック

②「ダッシュボード」から「Market Place」を選択して、「Compute」をクリック

③作成する仮想マシンの種類を選択(今回は「Ubuntu Server 18.04 LTS」を選択)

④デプロイモデルは「Resource Manager」のままで、「作成」をクリック

これで、VMの作成準備は整いました、仮想マシンの作成は4段階に分かれているので、順番に行っていきます。

<h2>1. 基本 </h2>
作成する仮想マシン(VM)の基本設定の構成をここで決めます。以下が入力項目です。

・名前:任意でOK
・VMディスクの種類(「SSD」か「HDD」を選択):本記事ではSSDを選択
・ユーザ名(ログイン時に使用するVM管理者のユーザ名):任意でOK
・認証の種類(「SSH公開キー」 or 「パスワード」を選択):本記事では「SSH公開キー」を選択
・Azure active directoryでログインする:「無効」を選択
・サブスクリプション:既存のものを選択
・リソースグループ:「新規作成」する(名前は任意でOK)
・場所(データセンタの場所の指定):本記事では「東日本」を選択(任意でOK)

<h2>2. サイズ </h2>
仮想マシンのサイズ選択を行います。利用可能なサイズと仮想マシンの機能を参照した画面が表示されています。
コンピューティングの種類、ディスクの種類、CPU数などが細かく記載されているので、用途に適したものを選択します。

<h2>3. 設定 </h2>
オプション機能の個性を選択することができます。設定画面では、以下の項目が表示されています。
「ネットワーク」はSSH接続などで必要な項目なので、自分の環境から接続できるよう設定を行います。それ以外の項目は画像の通りで問題ありません。

① 高可用性
・可用性ゾーン:アベイラビリティゾーンのこと。データセンタが置いてある
・可用性セット:ドメインを「更新ドメイン」と「障害ドメイン」に分けることができる

②Storage
・マネージドディスクの使用:Azureで空きディスクが自動的に管理される機能
・OSディスクサイズ:任意のディスクサイズでOK

③ネットワーク
・Virtual Network:任意でOK
・サブネット:任意でOK
・パブリックIPアドレス:インターネットと仮想マシンの接続に必要。任意でOK
・ネットワークセキュリティグループ:ファイアウォールの役割。任意でOK
・パブリック受信ポートの選択:SSH接続の為に「SSH(22)」を選択

④拡張機能
・拡張機能:作成している仮想マシンにウイルス保護や構成管理などの機能を追加できる

⑤自動シャットダウン
・オン/オフ:仮想マシンが毎日シャットダウンするよう設定

⑥監視
・ブート診断:仮想マシン起動時の問題発見に役立つ情報を取得できる状態にしておく
・ゲストOS診断:VMのメトリックを毎分取得する機能
・診断ストレージアカウント:既存のままでOK

⑦マネージドサービスID
・Azure Active Directoryに登録:ストレージアカウントなどへのアクセスの制御

⑧バックアップ
・バックアップ:任意でOK

全て選択が完了したら、「OK」を選択します。

<h2>4. 概要 </h2>
これまで指定した内容が表示されます。内容に問題が無ければ「作成」をクリックしてVMを作成します。

仮想マシンは選択したサイズにもよりますが、「作成」を押してから数分から10分程度で完了します。作成完了した仮想マシンの概要は確認することもできます。

<h2>おわりに </h2>
以上でAzureの仮想マシン作成が完了しました。次回はVMへのバックアップ設定についてまとめていきます。次回もお楽しみに!

LINEで送る
Pocket