Azure Backupの復元方法について

こんにちは、kc-dreamです。
今回はAzure Backupの復元方法についてご紹介したいと思います。
image.png

Azure Backupとは

Azure Backup サービスでは、Microsoft Azure クラウドにデータをバックアップします。 オンプレミスのマシンとワークロード、および Azure 仮想マシン(VM) をバックアップできます。

下記から抜粋
Azure Backup とは

Azure Backupを使用した復元方法

Azure Backupには大きく3種類の復元方法が用意されています。
本記事では3種類の復元方法について簡単ではありますが、ご紹介していきたいと思います。

1,VM の新規作成

Azure VM が新規作成され、復元されたディスクがアタッチされます。
このオプションでは、容易にVMを作成いただける反面、細かな構成の変更を自身で実施する必要があります。

  • バックアップされた VM が静的 IP アドレスを持っていた場合、復元された VM は競合を回避するために動的 IP アドレスを持つことになる。
  • Ubuntu など cloud-init ベースの Linux ディストリビューションを使用している場合、セキュリティ上の理由から、復元後にパスワードがブロックされます。 復元した VM で VMAccess 拡張機能を使用して、パスワードをリセットしてください。
  • VM でドメイン コントローラーとの関係が破損しているために復元された VM にアクセスできない場合は、下記リンクの手順に従って VM を起動します。
  • 復元された VM には可用性セットがありません。 ディスクの復元オプションを使用する場合、提供されているテンプレートまたは PowerShell を 使用してディスクから VM を作成するときに可用性セットを指定することができます。

復元後の手順 – Azure VM の復元

2,ディスクの復元

こちらのオプションでは、ディスクのみが復元されます。
復元されたディスクを利用して、自由な構成のVMを後から作成することができます。

例えば、PowerShell を使用して Azure VM を作成する方法として、
以下の公開情報に記載のような手順を実施いただくことができます。

既存の VHD を管理ディスク (Managed Disk) に変換し、VM をデプロイする
※バックアップ対象が管理ディスクの場合にも、手順 2 に記載のサンプルコードをお役立ていただけるかと存じます。

3,ディスクの置き換えについて

ディスクの置き換えオプションでは、既存の VM のディスクのみが付け替えられます。
このため、VM の設定をすべて引き継ぐことができる、最も簡単な復元方法となります。

VMにアタッチされていたディスクはすべてディタッチされた状態で残り、
新たに復元され作成されたディスクがアタッチされ、VM が起動します。

ディスクの置き換えオプションは現在管理ディスクでのみサポートされております。
その他の制限事項については以下のリンク参照願います。

復元オプション – Azure VM の復元
*既存ディスクの置き換えは、暗号化されていないマネージド VM でサポートされています。
非管理ディスク、汎用化された VM、またはカスタム イメージを使用して作成された VM では、サポートされていません。

おわりに

簡単ではありますが、Azure Backupの復元方法についてまとめたので参考にしていただければ幸いです。
2020-01-08_11h02_53.png