Azure SQL Database 単一データベースの作成方法

こんにちは、kc-Dreamです。
今回は、SQL Databaseの単一(シングル)データベースをAzure Portalから構築する方法についてご紹介します。

Azure SQL Databaseについて

Azure SQL Databaseは下図の種類があり、今回ご紹介するのはシングルデータベースとなります。

image.png

 

  • 単一データベースは、フル マネージドの分離されたデータベースを表します。 このオプションは、信頼性の高い 1 つのデータ ソースを必要とする最新のクラウド アプリケーションとマイクロサービスがある場合に使用できます。 単一データベースは Microsoft SQL Server データベース エンジンの包含データベースに似ています。
  • マネージド(管理者常駐型)インスタンスは、Microsoft SQL Server データベース エンジンのフル マネージド インスタンスです。 これには、一緒に使用できる一連のデータベースが含まれています。 このオプションは、オンプレミスの SQL Server データベースを Azure クラウドに簡単に移行するため、および SQL Server データベース エンジンが提供するデータベース機能を使用する必要があるアプリケーションに使用します。
  • エラスティックプールは、CPU やメモリなどのリソースの共有セットを含む単一データベースのコレクションです。 単一データベースはエラスティック プールの内外に移動できます。

デプロイ モデル

構築方法

Azure PortalからSQL Databaseを選択し、新規SQL Databaseを作成していきます。

 

image.png

基本

image.png

  • サブスクリプションの選択
  • リソースグループの選択
    • 新規リソースグループの作成も可能
  • データベース名を入力
  • サーバー
    • SQLデータベースがのるサーバを新規作成を行います。
    • 既存サーバを使用することも可能です。
    • 新規作成する場合、サーバ名、ログインユーザ名、パスワード、場所を入力し作成を進めます。※SQL DatabaseはPaaSサービスなのでサーバを直接設定するようなことはできません。

image.png

  • エラスティックプールの使用有無
    • 本記事ではシングルデータベースの構築についてなので無を選択します。
  • データベースの設定より使用するSQL データベースのスペック等を選択します。 image.png

ネットワーク

image.png

  • ここではSQL Databaseへの接続方法について選択します。

追加設定

image.png

  • データソース
    • 新規に作成し使用する場合、なしを選択
    • バックアップから復元の場合には、バックアップを選択
  • データベース照合順序

タグ

image.png

  • タグ設定を行う場合、入力します。

確認および作成

  • 選択及び入力した設定項目を確認できます。また、SQL Databaseが起動できるかどうかの検証が行われます。
  • 問題なければ作成を選択
  • デプロイ後、バックアップ設定は変更することをオススメします。

おわりに

今回はシングルデータベースの構築についてご紹介しました。
マネージドインスタンス、エラスティックプールについての構築方法についても今後ご紹介したいと思います。