WVD ARM環境構築

はじめに

Windows Virtual Desktop(WVD)の環境構築方法が更新されました。
追加機能の紹介・環境構築手順を中心に解説していきます。

※2020年5月20日時点ではプレビュー状態です。

WVD ARMとは

WVD 構築方法が Azure Portal で設定可能です。

サービスの内容に変更はありません。
WVDについて知りたい方は以下をご参照ください
リモートワーク環境をサポートする WVD概要・構築手順

WVD と WVD ARMとの違い

WVD構築手順を例に解説します。

  • 既存の WVD で行う作業。
    • エンタープライズアプリケーションの作成(専用サイトで作業)
    • テナント作成(Power Shellで作業)など
    • ホストプール作成
  • WVD ARM での作業
    • ホストプール作成 (Azure Portalでの作業)

以上のように作業工程が改善されました。
作業工程が削減、作業画面が統一によって環境構築も容易に行えます。

変更・追加された機能は以下の通りです。

  • エンタープライズアプリケーションが不要
  • グローバル管理者権限が不要
  • サブスクリプション登録に変更
  • Azure Portal から構築が可能
  • MetaDataを保存するリージョン(地域)が選択可能
  • ホストプール作成時に、グローバル管理者アカウント不要
  • ユーザー登録時に、グループ登録が可能
  • Workspace機能が追加 (既存のWVD構築ではテナント作成に当たる)
  • Azure Portalからユーザ管理が可能

詳細な機能紹介は以下をご参照ください。
新生 VDI 誕生! WVD ARM とは?

構築構築手順(WVD ARM版)

以下が大まかな手順です。

① Azure Portal にサインイン
② Azure Active Directory Domain Services での作業
③ WVD での作業(WVDv2)
④ 接続

※注意事項

  • Azure アカウントが必要です。
  • Azure Active Directory Domain Services を利用して、全てAzure内で構築を行います。

① Azure Portal にサインイン・② Azure Active Directory Domain Services での作業

以下から作業を行ってください。

① Azure Portal にサインインから② Azure Active Directory Domain Services での作業

③WVD での作業(WVD ARM)

WVD での作業は以下の2つです。
下記 URL 「Step3 : Host Pool(+Desktop)」から「Step4 : ユーザーアカウントの追加」まで行います。

  • ホストプールの作成
  • ユーザーの追加

■URL
https://www.cloudou.net/windows-virtual-desktop/wvd016/

以下の項目はURLに沿ってホストプールの作成を進める際の補足事項です。

Step3 : Host Pool(+Desktop)補足情報

■ Basics
image.png

  • Subscription  :利用するサブスクリプションを選択 Microsoft Azureなど
  • Resource group :WVD用に作成します。「新規作成」から名前を入力
  • Host pool name :接続画面に表示する名前を入力
  • Location :ADDS設定でのリージョンと同じ場所に設定
  • Host pool type :[Pooled/Personal] PooledとPersonalの違い
    • Pooled
      • Max session limit :最大ユーザー割り当て数
      • Load balancing algorithm [Breadth-first / Depth-first]詳細
    • Personal
      • Assignment type :[Automatic / Direct]

■ Virtual Machines
image.png
image.png

  • Resource group  :WVD用に作成したリソースグループ名を入力
  • Virtual machine location :他の設定で選択したリージョン(地域)と同じ場所を選択
  • virtual machine size :マシンスペックの選択
  • Number of VMs  :作成する仮想デスクトップの数
  • Name prefix :仮想デスクトップの名前を入力
  • Image :使用用途に適したものを選択
  • OS disk type :通信速度の選択
  • Virtual network :接続させる仮想デスクトップを展開する仮装ネットワークを指定
  • Subnet :VDIを展開するサブネットを指定
  • Public IP :基本的に不要
  • Network security group :使用用途に適したものを選択
  • Public inbound ports :インタネットからの接続を許可する or 許可しない
  • Specify domain or unit : ドメインを使用する or 使用しない
    ※今回はADDSを使用しているのでNoを選択しました。
  • AD domain join UPN :ドメイン参加ユーザーを指定
  • Password :参加ユーザーパスワード
  • Confirm password :再度同じパスワードを入力

■ Workspace
image.png

  • Register desktop app group :Yes
  • To this workspace :作成する Workspace名 を入力

④ 接続

以下のURLからアカウントにサインインのあと接続します。
https://rdweb.wvd.microsoft.com/arm/webclient
image.png
「許可」をクリック。

image.png

使用するリソースを選択します。

image.png
ユーザー名・パスワードを入力。

image.png
これで、無事接続完了です。

最後に

最後まで読んでいただきありがとうございました。

WVD ARM ではWVD管理機能のポータル統合が行われました。
以前ではPower Shell での作業だった、テナント作成・Application Groups作成やユーザー管理がAzure Portalでの操作が実現。WVD構築作業の効率化につながりました。

この機会にWVD環境を試しては如何でしょうか?