【実機なしで出来る】MRTK ver2.6.1 の Example を一通り試してみた

はじめに

MRTK ver2.6.1 の Example の実機なしで出来る部分をまとめました。
続き
https://qiita.com/h_koya/items/b5924b030b15ce496f3e

環境

  • Windows 10 Enterprise
  • Unity 2019.4.1f1
  • MRTK 2.6.1

Audio

AudioLoFiEffect

AudioOcclusion

Dianostics

アイトラッキング

Target Selection

Navigation

TargetPositioning

Visualizer

Gltf

GLB-Loading

Gltf-Loading

上と同じ感じでGltfを表示できます。
StreamingAssets が必要です。

ハンドコーチ

ハンドトラッキング

HandInteraction

HandInteractionGestureEvent

HandInterasctionRecordArticulatedHandPose

HandInteractionTouchables

NearMenu

Input

Dictation

DisablePointers

InputActions

InputData

PointerResult

PrimaryPointer

SpeachInput

HandJointCharser

PulseShader

PulseShaderSpatialMesh

ScrollingObjectCollection

Solvers

DirectionalIndicator

FollowSolver

Solver

TapToPlace

StandardShader

Clipping

ClippingInstanced

HoverLight

MaterialGellery

Outline

StandardMaterialComparison

StandardMaterials

Utilities

InspectorFields

[InspectorField]属性の説明をしているシーンです。
この属性をつけるとインスペクターから値を編集できるようになります。
[SerializeField]を便利にした感じです。

MixedRealityCapability

プラットフォームとデータプロバイダーによって提供されている複合現実機能の状況が表示されます。