【MRTK】NonNativeKeyboard の使い方

環境

  • HoloLens2
  • Windows 10 pc
  • Unity 2019.4.1f1
  • Mixed Reality Toolkit ver2.5.3

NonNativeKeyboard を使う上での注意点

日本語入力はできません。
InputFieldを使用すると標準のキーボードと二重に表示されてしまうのでInputFieldっぽいものを自作する必要があります。

ソースコード

使い方

  1. Hierarchy に NonNativekeyboard を追加する。
    (project > Mixed Reality Toolkit Foundation > SDK > Experimental > NonNativeKeyboard > prefabs)
  2. NonNativeKeyboard に “NonNativeKeyboard” タグをつける。
  3. NonNativeKeyboard子要素の InputField の Interactable をオフにする。
    (Hierarchy > NonNativeKeyboard > keyboard_Background > search > InputField)
  4. InputField の Disabled Color を 255,255,255,255 に設定
  5. Hierarchy に UI > image を追加する。
  6. Source Image を InputFieldBackground に設定
  7. Imageの子要素として UI >Text-TextMeshPro を追加する。
  8. Image に上のスクリプト(NanNativeInputField)をアタッチ。
  9. Inspector から Text 及び NoNnativeKeyboard プロパティを設定。

説明

ポインターで操作できるように IPointerDownHandler インターフェイスを実装しています。

各種イベント
keyboard.OnClosed 閉じるボタンを押したときに呼び出される。
keyboard.OnTextSubmitted Enterey を押したときに呼び出される。
keyboard.OnTextUpdated テキストが更新されたときに呼び出される。

公式ドキュメント : NonNativeKeybaord