横河レンタ・リース株式会社様と株式会社ナレッジコミュニケーションでナレコムV R 共同ウェビナーを執り行いました。

 

先日 4月 19 日に 横河レンタ・リース株式会社で行われた、

横河レンタ・リース株式会社様との共同セミナーにおいて弊社五十嵐が「HoloLens向けアプリナレコムV R」の紹介で登壇いたしました。

 

  • HoloLensの導入を検討中の方
  • HoloLensのソリューションの情報収集をしている方
  • 製造業等のDXの推進に関心がある方

で、HoloLensを活用して業務の効率化やコスト削減したいといった方向けウェビナーになっております。

 

 

HoloLensの購入や自社開発などHoloLens導入における課題を、

横河レンタ・リース様からレンタルで利用することが可能になるとともに、

今回ご紹介させて頂くナレコムVRもサブスクリプションモデルで利用が可能となりますので、

すぐに利用ができ従量課金で利用したい期間だけ試すことができます。

 

 

弊社からはナレコムVRの利用事例として、立教大学様にて3Dモデルを使った模擬授業を実施した事例を中心に紹介しました。

3D分子構造情報を共有するためナレコムV Rを模擬授業で使った事例になります。

登壇時の事例画像

記事詳細はこちらから

 

また 今夏リリース予定の新機能についても情報発信いたしました。

Q Rコードでのナビゲーションの共有が可能になります。

 

ナレコムV Rのメリットを皆様にわかりやすくお伝えするため、

プレゼン内では動画も交えてナビゲーションの作成や再生、スマートフォンを使ったナビゲーションの再生機能をご紹介しました。

 

 

 

ナレコムVRのHoloLensでナビゲーションを作成する様子

 

後半の質疑応答でも、

「製造業の方にとっての、遠隔での仕事をやりやすくする業務効率化や、マニュアルなどをHoloLensに映し出し非属人化できるといったメリットが分かりやすかった。」や、「このウェビナーを通してナレコムV Rの解釈が変わりました。」などの感想が出ておりました。

また条件分岐で操作可能にするナビゲーション機能など、今後の追加機能のリクエストになる意見もいただき、皆さんの製品に対する期待値がわかりました。

 

-まとめ-

いかがでしたでしょうか?

ナレコムV Rは個別のオンラインデモも実施しております。

もし事例や製品に関心がある方がいらっしゃいましたらお申し込みをしてみてください!

(お問い合わせはこちらから)

【ナレコムV R公式サイト】

https://narekomu-vr.com/

 

【Twitter(リアルタイムでの情報をお届けします)】

https://twitter.com/KnowComInc

 

【株式会社ナレッジコミュニケーション】

https://www.knowledgecommunication.jp/

 

【ナレコムVR各種ダウンロード】

ナレコムVRは各種プラットフォームのストアからダウンロードが可能となっております。

Hololens版はMicrosoftstoreにて

Ios版は、Appストアにて

アンドロイド版はGoogleplayにて

それぞれのアプリケーションを無料でダウンロードすることができます。

 

【ナレコムVRポータルサイト】

https://www.narekomu-vr-portal.com/

  1. 無料会員登録
  2. コンテンツアップロード(20MBまで)(.glb, .png/.jpg, .mp3, .mp4, .pdf, .html)
  3. アプリダウンロード
  4. 体験