公開間近のCitrix on Azureについて 

今回はAzureでDaaS(Desktop-as-a-Service)環境を実現する為に開発されている「Citrix on Azure」について紹介致します。

1.AzureのDaaS

以前Azureは「Azure RemoteApp」というサービスをDaaSとして提供していました。
これは2014年12月~2017年8月末(新規購入は2016年10月1日に終了)まで提供されているもので、
「Microsoft office」のアプリケーションを含んだ仮想デスクトップ環境を提供するというものでした。

しかし、Microsoftと協業関係にあるCitrix社との連携強化にあたり、「Azure RemoteApp」の提供を終了すると同時に、
新しいDaaSサービスへの移行を進めています。
それが「Citrix on Azure」です。

2.Citrix on Azure

・Citrix XenApp Essentials(旧称XenApp "Express")
先に紹介したAzure RemoteAppの後継にあたり、アプリケーションを配信するプラットフォームとして3月末にサービスが開始される予定です。
なお、Trial版がMarketplaceに公開されている他、下記URLからプレビューの申し込みが可能です。
こちら

・Citrix XenDesktop Essentials
Windows 10ベースでの仮想デスクトップサービスです。こちらは早ければ2月末に公開されるとのことです。
※利用できるのはWindows 10 CBBモデルのみとなっており、Windows 10 LTSBモデルやWindows 7、Windows 8等の旧バージョンは利用できないとのことです。

価格や実際に使えるメニューはまだ発表されていませんので、続報があり次第ご紹介いたします。

3.AWSのサービスと比べて

まだ仕様についての正式発表がされていない為、所感での比較となりますが、今回ご紹介したCitrix on Azureと競合する
サービスはAWSの「AppStream2.0」と「WorkSpaces」が該当するものと思われます。

Citrix XenApp EssentialsとAppStream2.0を比べると、現時点でAppStream2.0ではMicrosoft Officeのアプリケーションが含まれたイメージが用意されておらず、またカスタム化もできない為、公開タイミングによってはXenApp Essentialsに軍配が上がるかと思われます。

また、Citrix XenDesktop EssentialsとWorkSpacesを比べると、WorkSpacesはWindows 7に対応しており、
利用可能アプリケーションとしてMicrosoft Office ProfessionalやTrend Microを追加できるセットがある他、独自のアプリケーションもカスタムイメージで共有できることからXenDesktopより使い勝手が良さそうな印象です。

まだ情報が出揃っていない為、簡単な比較になってしまいましたが、今後サービスの仕様発表やアップデートが進んでいきますので、継続してご紹介できればと思います。

次回もお楽しみに!


Cognitive Servicesのサンプルコード実行~C#~

今回から2回に分けてMicrosoftの提供するCognitive Servicesについて掲載していきたいと思います。

第一回としてBing Speech APIのC#環境のサンプルプログラムを実行するまでをレシピにまとめて行こうと思います。

1.必要な物。

有効なSubscriptionを持つAzureアカウント
VisualStudio2015を実行できる環境
まずAzureアカウントの作成ですがこれは過去のレシピで多く取り上げられているので割愛致します。

2.Cognitive Servicesの登録。

Cognitive Servicesのページから、Microsoftアカウントでログインする
https://www.microsoft.com/cognitive-services
のページを開き
topページ右上の[My Account]のリンクより、1で作成したMicrosoftアカウントでログインします。
Cognitive ServicesのAPI利用手続き
Cognitive Servicesのtopページにある[APIs]タグから[Bing Speech]を選択しクリック。

Bing Speech APIのtopページに遷移したら、[Get started for free]のボタンをクリック。
API一覧表が表示されるので、[Bing Search – Preview]の項目にチェックが入っているか確認します。
ページ下部の[II agree to the Microsoft Cognitive Services Terms and Microsoft Privacy Statement.]をチェックしたら[subscribe]ボタンをクリック。

ここまででBing Image Search APIの利用登録が完了しました。

3.APIキーの取得。

サブスクリプションキーの取得確認

[My account]のページにて表示される[My free subscriptions]の中に
[Bing Search – Preview]のKey1・Key2が掲載され、[State]が"active"になっていればAPI利用が可能です。
(ShowをクリックすればKeyが表示される。)

この際にAPI処理に用いるサブスクリプションキー(Subscription Key)が2つ表示されます。
これはAPI利用時にリクエストヘッダ情報として埋め込むもので、
それをプログラム中で用いることでWeb APIを使用する事が可能となります。
キーはどちらを用いても構いません。


さて、ここまででAPI側の利用準備が整いました。

4サンプルプログラムの実行

オフィシャルサイトから試す事も可能なのですが、これからのためにC#で実効していきましょう。
Bing Image Search APIのtopページからSDKをクリックし
Bing Speech-to-Text Windows SDK

をクリックします
GitHubに飛びますのでclone or downloadをクリックしDownload ZIPをクリックするとダウンロードが開始します。
ダウンロードしたファイルを解凍すると

が表示されるのでプロジェクトファイルをVisualStudio2015で開きます。
すると


が表示されるので開始をクリックして下さい。
すると

の画面が出力されるので右上の欄に先ほど取得したキーを入力し、左下のスタートボタンをクリックしてください。

音声を入力すると上記の画面が出るのでデモは成功です。
次回はJavaScriptで同じ事を実行するのですがかなり勝手が違う上にWindows以外の環境でも実行できより本格的ですので
次回もお楽しみにしてください。


Azure Virtual Machine編~新サイズ「A_v2」シリーズ~

今回は、Azure Virtual Machinesで新しくリリースされたサイズ「A_v2」シリーズを紹介します。

1. A_v2シリーズとは

「A_v2」シリーズは、Virtual Machinesのカテゴリの中では「汎用的なコンピューティング性能」に分類されるAシリーズの発展形にあたります。
ほとんどのリージョンで利用が可能であり、東日本・西日本リージョンも対象です。

旧来のAシリーズの性能は下記となっておりますが

A_v2シリーズでは下記のような性能となっております。

見比べてみると、同等サイズではRAMの性能が上がりながらも価格は抑えられているという上位互換の関係にあることが見て取れます。

例えば、同じA2サイズでもRAMが0.5GB多く、料金も1時間当たり4円ほど安くなります。
(A2:RAM 3.5GB,\21.62/h  A2 v2:RAM 4.00GB,\17.34/h)

2. 使い方

新規にVirtual Machineを構築する時は勿論ですが、既存のサイズからの変更も容易です。
※サイズの変更はVirtual Machineを停止してから行う必要があります。

Virtual Machineの管理画面から「サイズ」を選びます。

利用可能なサイズ一覧が表示されるのでA_v2のサイズを選択すれば変更完了です。

また、このA_v2シリーズは現行のリソースマネージャ環境だけでなく、クラシック環境のVirtual Machineでも利用ができるので、長年稼働させている環境でもコスト削減が可能です。

いかがでしたでしょうか。

Virtual Machineでは様々なサイズが提供されていますが、コスト面から汎用なコンピューティング性能のAシリーズを利用されているケースも多くあると思います。
今回ご紹介したA_v2シリーズを使うことでよりコスト効率を上げることができますので、是非ご利用ください。

次回もお楽しみに!


VMのディスクをStandardからPremiumに変更する手順

今回は「AzCopy」コマンドを使って、Virtual MachineのディスクをStandardからPremiumに変更する手順を紹介致します。
VMは一度立ててしまうとOSディスクをStandardからPremiumに変更することができない為、
本記事を参考にしてもらえればと思います。

1.AzCopyとは

AzCopyはAzure BLOB,File,Tableの記憶域との間でデータをコピーするために設計されたWindowsコマンドラインユーティリティです。

こちらから

下記よりダウンロードすることができます。
ダウンロードはこちらから

2.Azure環境準備

今回は下記のような環境で行います。

移行元Storage : japanwestdisks928
パフォーマンス : Standard
移行vhd : westtest201691818370.vhd

移行先Storage : easttestpremium
パフォーマンス : Premium

予め、Storage Accountのアクセスキーを取得する必要があります。
アクセスキーは管理画面から確認できます。

なお、AzCopyに使うvhdファイルでVMを起動させている場合、ファイルシステムを一貫した状態に保持するために、VM を停止する必要があります。

3.AsCopyを実行する

今回はPowerShellからAzCopyコマンドを使います。

まずはAzCopyをダウンロードしたディレクトリに移動します。
cd 'C:\Program Files (x86)\Microsoft SDKs\Azure\AzCopy'

AzCopyでディスクコピーをする構文は下記の通りです。
AzCopy /Source:/SourceKey:/Dest: /DestKey: /Pattern:

パラメータは下記になります。
/Source: <移行vhdが格納されているコンテナーのURL>
/SourceKey: <移行元Storageのアクセスキー>
/Dest: <移行先コンテナーのURL>
/DestKey: <移行先コンテナーのアクセスキー>
/Pattern: <移行vhdのファイル名>

実行すると、PowerShell上で経過が確認できます。

下の画像のように表示されたらコピー完了です。

実際にStorageの管理画面を開くとコピーされていることが確認できます。

4.vhdからVMを立ち上げる

Premium StorageにコピーしたvhdをVMとして起動させるにはPowerShellのコマンドが便利です。

PowerShellを起動したらログインします。
Login-AzureRmAccount

下記情報を変数に登録します。
$rgName = ""
$vnetName = ""
$location = ""
$subnetName = ""
$vmName = ""
$vmSize = ""
$ipName = ""
$nicName = ""
$vhdName = ""
$vhdUri = ""

仮想ネットワークの設定を読み込みます。
$vnet = Get-AzureRmVirtualNetwork -ResourceGroupName $rgName -Name $vnetName

パブリックIPを取得します。
固定IPにしたい場合は「AllocationMethod」を「Static」にしてください。
$pip = New-AzureRmPublicIpAddress -Name $ipName -ResourceGroupName $rgName -Location $location -AllocationMethod Dynamic

ネットワークインターフェースを作成し、読み込みます。
$nic = New-AzureRmNetworkInterface -Name $nicName -ResourceGroupName $rgName -Location $location -SubnetId $vnet.Subnets[0].Id -PublicIpAddressId $pip.Id
$nic = Get-AzureRmNetworkInterface -ResourceGroupName $rgName -Name $nicName

立ち上げるVMの設定をしていきます。
まずは名前とサイズを指定します。
$VmConfig = New-AzureRmVMConfig -Name $vmName -VMSize $vmSize

先ほどコピーしてきたVHDファイルを指定します。
$VmConfig = Set-AzureRmVMOSDisk -VM $VmConfig -VhdUri $vhdUri -Name $vhdName -CreateOption attach -Windows -Caching ReadWrite

ネットワークインターフェースの紐づけをします。
$VmConfig = Add-AzureRmVMNetworkInterface -VM $VmConfig -NetworkInterface $nic
$VmConfig.NetworkProfile.NetworkInterfaces.Item(0).Primary = $true

設定を元にVMを立ち上げます。
New-AzureRmVM -ResourceGroupName $rgName -Location $location -VM $VmConfig -Verbose

実行後、下の画像のようにOKの表示がされていれば作成完了です。

いかがでしたでしょうか。

別記事でもご紹介しますが、Premium Storageを使うことで可用性セットに設定しなくてもSLA99.9%が保証されるように
なりましたので、この機会に是非ご利用ください。

次回もお楽しみに!


HoloLens 3つの操作方法

こんにちは、ナレコム繁松です。
ついに本日 12月2日から日本でもHoloLensのプレオーダーが開始されました。
この先、どんな場所で、どんな使われ方をしていくのか楽しみですね!

第2回は操作方法ジェスチャーについて書きます。

HoloLensの操作はマウスやキーボードがないので、視線とジェスチャー、音声(Cortana)を使って操作をします。

1. 視線

  • HoloLensをかけると、視線の先に点として表示されるのものがHoloLensでのカーソルになります。
    マウスポインタみたいなもので、このカーソルを合わせてクリックすることでアプリを起動したりすることが出来ます。

2. ジェスチャー

続いてジェスチャーです。
マウスのクリックに似ていますが、ジェスチャーは以下の3種類があります。

  • Bloom(ブルーム)
    手のひらを上にして握り、手を開く動作。
    アプリを閉じたり、スタートメニューが開くことができます。
1 2
  • Air Tap(エアタップ)
    人差し指を立てて、まっすぐ下に倒す動作
    マウスで表すとクリックです。空間に出ているウインドウを見ながらTapをすると選択します。
1 2 3
  • Tap and Hold(タップアンドホールド)
    Air Tapをしてから、人差し指と親指でつまむような動作
    マウスで表すとドラッグやスクロールです。
    空間に浮いているアイコンやウインドウ等を自由に掴んで移動させることができます。
    またTwitterなどのタイムラインを掴んで上下させるとスクロールができます。
1 2

3. 音声コマンド

3つ目は音声アシスト機能のコルタナ(Cortana)を起動することで以下のコマンドを使用することが出来ます。
基本的にはWindows 10のコルタナなので、普段使っている人はそのまま使うことが出来ます。

Hey Siri[Hey Cortana]でCortanaを呼び、コマンドを発音することで利用することができます。
現在音声は英語のみの対応で、ネイティブな発音が必要となります。
私の片言の英語だと通じないか、間違えられることが多いです(汗)

コマンド 意味
What can I say? コルタナ検索メニューを表示する
Go home , Go to Start スタートメニューを表示する
Launch <アプリ名> <アプリ名>を起動する
Move here <アプリ名> <アプリ名>を目の前に移動する
Take a picture 写真を撮影する
Start(Stop) recording 録画を開始(終了)する
Increase(Decrease) the brightness バックライトを明るく(暗く)する
Increase(Decrease) the volume スピーカー音量を大きく(小さく)する
Mute (Unmute) マイクをミュートする(解除する)
Shut down the device 電源を切る
Restart the device 再起動する
Go to sleep スリープモードに移行する
What time is it? 現在時刻をコルタナに聞く
How much battery do I have left? バッテリー残量をコルタナに聞く
Call <アドレス帳上の相手> HoloSkypeを使って<アドレス帳上の相手>に電話をする

明日はプレインストールされているアプリの紹介をします!
お楽しみに。