【Azure Tutorial for Beginners】の和訳まとめ(前半)

この記事は、Azure Tutorial for Beginnersという動画をまとめたものになります。
本動画については、こちらから参照して頂ければと思います。

はじめに


この動画ではAzureやクラウドに馴染みがあまりない方や初心者の方に向けとなっております。この動画の構成は以下となっております。

1. SAAS、PAAS、IAASについて
2. Azure / クラウドについて
3. Azure portalへの登録について
4. Websiteのデプロイ方法について

、IAAS、PASSについて

クラウドについて学ぶ前に、まずはSAAS、PAAS、IAASの3つの用語について学んでいきましょう。この3つを知ることがCloudを知るにあたってとても重要となります。

IAAS(Infrastructure As A Service)、PAAS(Platform As A Service)、SAAS(Software As A Service) は、それぞれ図の様な3層に分かれており、図の様な構成となっています。

・IAAS(Infrastructure As A Service)
・RAMやハードディスクにVM、CPUやルータ、ネットワークなどを取り扱っている
・PAAS(Platform As A Service)
・オペレーティングシステム、SQLやOracleなどのデータベースを取り扱っている
・IAASのサービスを活かすためのプラットフォームという役割を担っている

・SAAS(Software As A Service)
・ソフトウェアに関連するものを取り扱っている

これら3つの層を利用することで、ウェブサイトをホストすることができます、逆に言えば、ユーザ自身でウェブサイトをホストするためには、この3つの層を全て自前で用意していく必要があります。しかし、それではお金も時間もかかります。

クラウドにおいて重要な点は、以下の2つです。

①On Demand
②Out Sourced

であることです。
これにより、ユーザは利用した分のコストを負担すれば良く、またバックアップやソフトウェアについても考えなくて済むため、自分のビジネスとウェブサイトに集中することができます。
オンデマンドでアウトソースされたサービス、それがCloudです。

Azureについて

クラウドについて理解したところで、Azureについて学んでいきましょう。一言で言うと、AzureはMicrosoftが提供しているクラウドサービスのことです。


Azureでは、図の様に、どのSSDやCPUをどれだけのストレージで、どれだけのサービスを加えて使用した場合、毎月のコストがどれくらいになるのか、といったことが事前に分かります。このコストは、使用している間に利用しているサービスが変われば、もちろん変わりますし、使用していない間は基本的には課金されません。

クラウドにおいて重要なのは、簡単にスケールアップ・ダウンができることと、従量課金制であることです。これによって、好きなときに必要な分だけのサービスを使用することが可能となります。

それでは、早速Azureにログインしてみましょう。アカウント作成には、図に表示されているURLからいけます。

無事にログインが完了すると、図のような画面(Portalと呼ばれる画面)が出ます。画面の左には、Azureが提供しているサービスの一覧が表示されていますが、Azureのサービスは膨大な数が用意されているので、全てを試そうとせず、少しずつ試していくのをおすすめします。

Resource groupについて

Azureで一番重要なのは、どの様なリソースをユーザ自身が求めているかを明確にすることです。そのために必要なリソースが何なのかを明確にしておく必要があります。Azureポータルで用意されているリソースについては、左側のサービス群にある、「All resources」を見ていただければと思います。


まずは、Resource groupの作成を行います。リソースをグループごとにまとめたものを作成できるので、簡単に管理することができます。

Resource groupの作成には、以下の3つの項目を埋めます。

・Resource group name
・作成するResource groupの名前

・Subscription
・Azureを利用するにあたっての利用契約形態のようなもの

・Resource group location
・Resource groupを設置する地域(場所)のこと

完了したら下の「Create」をクリックして作成完了です。

Resource groupの作成が無事に完了すると、図の様にResource groupのダッシュボードに表示されます。

まとめ

以上がAzureについての紹介動画となります。次回はここにリソースを足していく手順から始めていきたいと思いますので、続きは後半をご覧ください。


MR and Azure 303 : Luis

こんにちは、ナレコム菅井です。

今回はMR and Azure303のアプリを作っていきたいと思います。

Read more


MR and Azure302b:画像認識

こんにちは、ナレコム菅井です

今回はMR and Azure302bのアプリを作っていきたいと思います。

Read more


MR and Azure 302:画像認識

こんにちは、ナレコム菅井です

今回はMR and Azure302の画像認識アプリを作っていきたいと思います。

Read more


MR and Azure 301: 翻訳

こんにちは、ナレコム菅井です

今回はMR and Azure301の翻訳アプリを作っていきたいと思います。

Read more


【Application Insights】WordPressサイトを監視してみる

前職はトラック運転手だった私ですが、ナレコムに入社してから半年の月日が経ち、最近ではAzureにさわる機会が非常に多い、Azureレシピ初登場のDreamです。
<h2>Applicatio Insightsとは</h2>
Azure Application Insightsについて簡単に概要をご紹介します。
Application Insightsとは、複数のプラットフォームで使用できるアプリケーションパフォーマンス管理サービスです。もっと噛み砕くと、Application Insightsを使用すればAzure以外のサービス、例えばiOSやAndroidといったモバイル向けのアプリケーションやWebサイト等のパフォーマンスや使用状況などを監視できるサービスです。


※[ https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/application-insights/app-insights-overview ]より抜粋

<h2>App ServiceでWordPressサイトを構築してみる</h2>
今回はApp Serviceを使用しWordPressサイトを構築し、ここで作成したサイトをApplication Insightsで監視していきたいと思います。
App ServiceでWordPressサイトを構築する手順については、以下URLのレシピにてご紹介しているのでそちらを参考にしてみてください。

※注意点
・作成画面でApplication Insightsの有効化をしておくと簡単にできます。
・現在サービスが提供されているリージョンは以下になるので、ご使用のサービスから最も近いリージョンを選択してください。
【現在提供されているリージョンのリスト】
・米国東部
・米国西部2
・米国中南部
・西ヨーロッパ
・東ヨーロッパ
・東南アジア


<h2>Application InsightsをWordPressに導入</h2>
まずは、WordPressにログインをします。
ログイン後、サイドメニューのプラグインより、新規追加を選択します。
次に、プラグイン検索窓に「Application Insights」と検索します。
検索結果に表示されたApplication Insightsをインストールし有効にします。

サイドメニューの設定にApplication Insightsが追加されていることを確認し、選択します。
表示されページ内のInstrumentation KeyにAzureポータル[ https://portal.azure.com/ ]のApplication Insightsの概要で表示されているインストルメンテーション キーをコピーし、先程のページの入力欄にペーストします。
その後、変更の保存を押下し完了します。

AzureポータルのApplication Insightsに移動し、メトリックが取れていることが確認できれば設定はすべての設定は完了です。

<h2>Application Insights活用</h2>
ここまで、App Serviceで構築したWordPressサイトをApplication Insightsによる監視設定ができました。
この設定をしておけば、アラートメールの設定や、Power BIで確認することができます。
また、パフォーマンステスト等も行えるので、最近アクセスが増加している、サーバからの応答時間が長い等でサーバスペックをあげようか悩んでいる方はぜひ試していただきたいと思います。

今回はApp Serviceで構築したWordPressサイトの監視をApplication Insightsで行いましたが、
冒頭でも紹介した通り、様々なサービスの監視も行えます。
参考までに対応している言語・プラットフォームの一覧が載っている公式URLを記載しておくので、
興味を持たれた方はぜひ確認してみてください。

公式ドキュメント
[ https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/application-insights/app-insights-platforms ]


Azure入門者がPuTTYでSSHキーを作成してみた

ハリーです。
Azure仮想マシン(以下VM)の構築を行った際にSSHで接続するための鍵の作成方法及び作成した鍵での接続方法についてまとめていきます。

<h2>SSH公開キーの利用 </h2>
AzureVMを作成する際に、認証の方法として「SSH公開キー」か「パスワード」のどちらかを選択することになります。今回はAzureVMの認証にSSH公開キーを採用した場合のSSH鍵の作成及び利用方法を整理していきます。

<h2>PuTTYgenでSSHキー作成 </h2>
本記事ではSSHキーの作成はPuTTYgenで行っていきます。

①PuTTYgenを開始し、「生成」をクリック

②公開鍵が生成されたら「鍵のパスフレーズ」にパスフレーズを入力(任意でOK)して「保存」
※利用する端末によっては生成されるまでにかなり時間がかかる場合がございます。

これでPuTTYgenでの鍵の生成と保存は完了です。
作成した公開キーは、AzureVMを作成する時に使います。「認証の種類」を「SSH公開キー」にしたら、図のようにSSH公開キーをコピーして、貼り付けます。

これで認証をSSH公開キーにしたAzureVMが作成できるようになりました。

<h2>SSHキーでPuTTY接続 </h2>
次に、作成した秘密鍵でAzureVMへのPuTTY接続を行ってみたいと思います。接続作業をする前に、仮想マシンの作成をしておきましょう。仮想マシンの作成記事はこちらになります。

Azure入門者がLinux仮想マシンを作成してみた

接続の手順については以下となります。

①「PuTTY設定」を開き、「接続」から「SSH」を選択

②「SSH」から「認証」を選択
③「参照」をクリックして、先ほど作成した「秘密鍵」を選択

④ 「セッション」を選択し、「ホスト名」に作成したAzure仮想マシンのパブリックIPアドレスを入力
⑤「セッション一覧」にセッション名を入力して「保存」を選択(次回以降に作成したセッションを利用する場合は、セッションを選択して、「読込」をクリック)

⑦「開く」を選択

⑧「login as :」と表示されているので、作成したAzure仮想マシンのユーザ名を入力して「Enter」

下の画像の様に表示がされれば、PuTTY接続は無事完了です。

<h2>終わりに </h2>
これでSSHキーの作成とPuTTYでの接続は完了しました。SSHでの接続はセキュアにVMを運用することができるので業務利用では必須となりますが、個人でサーバを利用する際にもオススメです。本記事がAzure VMへのSSH接続の参考になれば幸いです


Azure入門者がLinux仮想マシンの作成してみた

ハリーです。
今回からAzureにて仮想マシン(以下VM)の構築及び関連する設定について初心者向けにまとめた記事を作成していきます。それでは早速進めていきましょう!

<h2>AzureVM作成準備 </h2>
今回AzureVMを作成するにあたり、事前にSSHキーを使用する手順で行います。SSHキーの作成方法については別の記事に記載しているので、以下の記事を参照願います

Azure入門者がPuTTYでSSHキーを作成してみた

以下の手順で作成前の準備を行ってまいります。

①Azureにログインして右上の「ポータル」をクリック

②「ダッシュボード」から「Market Place」を選択して、「Compute」をクリック

③作成する仮想マシンの種類を選択(今回は「Ubuntu Server 18.04 LTS」を選択)

④デプロイモデルは「Resource Manager」のままで、「作成」をクリック

これで、VMの作成準備は整いました、仮想マシンの作成は4段階に分かれているので、順番に行っていきます。

<h2>1. 基本 </h2>
作成する仮想マシン(VM)の基本設定の構成をここで決めます。以下が入力項目です。

・名前:任意でOK
・VMディスクの種類(「SSD」か「HDD」を選択):本記事ではSSDを選択
・ユーザ名(ログイン時に使用するVM管理者のユーザ名):任意でOK
・認証の種類(「SSH公開キー」 or 「パスワード」を選択):本記事では「SSH公開キー」を選択
・Azure active directoryでログインする:「無効」を選択
・サブスクリプション:既存のものを選択
・リソースグループ:「新規作成」する(名前は任意でOK)
・場所(データセンタの場所の指定):本記事では「東日本」を選択(任意でOK)

<h2>2. サイズ </h2>
仮想マシンのサイズ選択を行います。利用可能なサイズと仮想マシンの機能を参照した画面が表示されています。
コンピューティングの種類、ディスクの種類、CPU数などが細かく記載されているので、用途に適したものを選択します。

<h2>3. 設定 </h2>
オプション機能の個性を選択することができます。設定画面では、以下の項目が表示されています。
「ネットワーク」はSSH接続などで必要な項目なので、自分の環境から接続できるよう設定を行います。それ以外の項目は画像の通りで問題ありません。

① 高可用性
・可用性ゾーン:アベイラビリティゾーンのこと。データセンタが置いてある
・可用性セット:ドメインを「更新ドメイン」と「障害ドメイン」に分けることができる

②Storage
・マネージドディスクの使用:Azureで空きディスクが自動的に管理される機能
・OSディスクサイズ:任意のディスクサイズでOK

③ネットワーク
・Virtual Network:任意でOK
・サブネット:任意でOK
・パブリックIPアドレス:インターネットと仮想マシンの接続に必要。任意でOK
・ネットワークセキュリティグループ:ファイアウォールの役割。任意でOK
・パブリック受信ポートの選択:SSH接続の為に「SSH(22)」を選択

④拡張機能
・拡張機能:作成している仮想マシンにウイルス保護や構成管理などの機能を追加できる

⑤自動シャットダウン
・オン/オフ:仮想マシンが毎日シャットダウンするよう設定

⑥監視
・ブート診断:仮想マシン起動時の問題発見に役立つ情報を取得できる状態にしておく
・ゲストOS診断:VMのメトリックを毎分取得する機能
・診断ストレージアカウント:既存のままでOK

⑦マネージドサービスID
・Azure Active Directoryに登録:ストレージアカウントなどへのアクセスの制御

⑧バックアップ
・バックアップ:任意でOK

全て選択が完了したら、「OK」を選択します。

<h2>4. 概要 </h2>
これまで指定した内容が表示されます。内容に問題が無ければ「作成」をクリックしてVMを作成します。

仮想マシンは選択したサイズにもよりますが、「作成」を押してから数分から10分程度で完了します。作成完了した仮想マシンの概要は確認することもできます。

<h2>おわりに </h2>
以上でAzureの仮想マシン作成が完了しました。次回はVMへのバックアップ設定についてまとめていきます。次回もお楽しみに!


Azure入門者が参考にしている資料まとめ についてまとめてみました。

ハリーです。

Azure入門者が参考にしている資料について、今回はまとめてみました。
前回のAWSに引き続き、Azureを始めてみよう、という方々の勉強のお役に少しでも立てれば幸いです。

2. Azureの基本的な概要

まずは、Mirosoft Azureというものについて学んでいきましょう。若干、古い情報もあるかもしれませんが、以下のリンク先から、Microsoft Azureというものが何かを大体知ることができると思います。

・Microsoft Azureって何?
https://qiita.com/forest1/items/25e53b42ef54747c9ba9  
・初心者から始めるAzure入門情報のまとめと参考書籍紹介!
 https://azure-recipe.kc-cloud.jp/2017/07/microsoft-azure/
・Azureとは?-アジュール?アズール?
https://tech-lab.sios.jp/archives/what-is-azure 

3. Azureの主なサービスと内容

Azureは様々なサービスが提供されています。以下のリンクから、Azureの主なサービスについてや、また今後Azureを本格的に学んでいこうと考えている方にはおすすめの書籍などが掲載されていますので、是非見て頂ければと思います。

Microsoft Azureについての基礎知識
・まだ知らない人のための最新Microsoft Azure入門
https://www.buildinsider.net/web/azure/01 

・Azureとは? まずは仮想マシンを作ってみる
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1705/11/news028.html

Microsoft Azureを学んでいく上でおすすめの書籍
・【保存版】Azureおすすめ入門書籍3選
https://macruby.info/book/azure-tutorial-book-recommendation.html
 

4. MCP 70-533試験対策

MCP 70-533は、Microsoftが提供しているMicrosoft Azureのための資格試験だと思っていただければと思います。他にもいくつかありますが、今回紹介するMCO 70-533では主にMicrosoft Azureでのインフラストラクチャソリューションを構築・運用する上で必要な知識とスキルを求められる内容となっております。
以下のリンク先は、これから試験を受けようと考えている方や、今後受ける予定の方のお役に少しでも立つ内容かとは思いますので、是非、確認して頂ければと思います。

・MCP 70-533受験対策まとめ
https://qiita.com/akiyoshi-t/items/662c9dd7dcb80f16d600

・試験70-533: Microsoft Azure Infrastructure Solutionsの実装について
https://qiita.com/y_ohr/items/53af11f802b7819a5623
 

5. AI/機械学習系

AI・機械学習についての理解を深めると同時に、Microsoft Azureで取り扱っているAI・機械学習がどういうものなのかも理解して頂ければと思います。

・AIと機械学習とディープラーニングは何が違うのか
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1803/29/news011.html

・AIとは?AI(人工知能)とDeep Learning(深層学習)を簡単に説明
https://www.optim.cloud/blog/ai/ai-deeplearning/

・Microsoft Azure AI
https://azure.microsoft.com/ja-jp/overview/ai-platform/
 
・今こそ知りたいマイクロソフトのArtificial Intelligence概要
https://www.slideshare.net/mihochannel1/azure-antennaai
 
・ハンズオンで学ぶAzure Machine Learning
https://www.slideshare.net/mihochannel1/azure-antenna-machine-learning
 

おわりに

Azureも、まだ触れて数ヶ月しか経ってない初心者の私ですが、沢山の日本語ドキュメントを参考に勉強をさせてもらっています!この記事が新しくAzureを学び始める皆さんの参考になれば幸いです。


[ウェビナー] Azure ならこうする、こうできる! ~ AWS 技術者向け 最新Azureサービス解説~ 受講メモ

こんにちは、シュガーです。

今回は2月13日に実施されたウェビナー『Azure ならこうする、こうできる! ~ AWS 技術者向け 最新Azureサービス解説~』 を受講した際の情報をメモとしてまとめていきます。

どんなウェビナーか

今回のウェビナーはAWSを使った経験のあるエンジニアに対してAzureについて概要から説明していくものとなっていました。イベントページでは以下のように記載されていました。

本ウェブセミナーのレベルはL300です。
L300…受講いただいた方が自ら関わっているプロジェクトでプロトタイピングや PoC などを通じて採用判断/開発判断ができることを目指したレベル

AWS は知ってるけど、Azure はまだよくわからない・・・
そんなクラウド エンジニアの方に向けて、Azure の各種サービスを解説します。
Azure も理解して、クラウド エンジニアとしての幅を広げてみませんか?

<アジェンダ>
• Azureの特長
• Azureのサービス要素の解説(フロントエンド、NW、ストレージ、PaaS、バックエンド、運用系サービス)
• まとめ

L300レベルのウェビナーということでAWSを利用しパブリッククラウドの基本的なアーキテクチャを理解し、今後Azureの採用も視野にいれている技術者を対象としているとのことです。

Azureの特長

■圧倒的低価格
- 規模の経済の追求

■災害対策
- 東西2センター構成
国内で広域災害対策を完結

■セキュリティコンプライアンス
- 第三者による監査の徹底

■支払い通貨
- 日本円対応、為替レートの影響は極小化

■仮想化基盤の互換性
- プライベート/パブリックもHyper-V仮想イメージの互換性

■PaaSの存在
- 早期サービスの開始

■準拠法/管轄裁判所
- 日本法と東京地方裁判所

■サポート
- オンプレ製品も含む
ハイブリットクラウドを考えるお客様にメリット

■SLA
- 可用性だけではなく性能のSLAも設けている

■管理画面について
- AWSマネジメントコンソールとの違い
画面カスタマイズができるので運用ダッシュボードとして使うことができる
-コマンドライン管理が可能 (Azure PowerShell , Azure CLI)
- IDEからもリソース管理ができる (Azure SDK for Visual Studio , Azure Toolkit For Eclipse With Java)

Azureのサービス要素の解説

■フロントエンド
- Azure DNS
- Azureが提供。DNSについては他とあまり違いなく使える

- CDN
- AkamaiとVerizonの2つを提供、得意地域があるので2つを明示的にしている

- Azure負荷分散サービス全体像
-ロードバランサーは3階層ある
- Azure Traffic Manager (DNSロードバランサー)
- Azure Load Balancer (L4ロードバランサー)
- Azure Application Gateway (L7ロードバランサー)
- Azure Load Balancer外向き、内向き両方できる
- Azure Application Gateway SSLオフロード、WAF機能を追加可能、証明書は持ち込んでもらう必要がある

■ネットワーク、VM
- 仮想ネットワーク
- Microsoft Azure内のユーザ独自のネットワーク
- Azure仮想マシンへのIPアドレス管理 そのまま与えることができる
- Azure 対外接続全体像 (ポイント対サイト、サイト対サイト、ExpressRoute)

- Azure NIC
- 仮想マシンに複数のNICを装着可能 (最大8枚)
- ネットワークセキュリティグループ (NSG)
- 仮想ネットワークのピアリングもできる (VPCピアリング)
- 異なるリージョン間のピアリングは現在プレビュー

- VM
- 仮想マシンを構成するのは仮想マシンサービスだけではない
- Dシリーズがコスパが良い。t2系はAシリーズが良い
- 「標準」インスタンスにはLB、オートスケール機能がついてくる
- 「基本」インスタンスにはLB、オートスケール機能がない代わりに料金が引き下げられている
- プレミアムストレージ(SSD)はDS,FS等末尾にSがつくシリーズで選択可能
- 同じ役割の仮想マシンを可用性セットに所属させることで可用性を向上させられる

■ストレージ
- 仮想マシン専用のManaged Disk 可用性セットの信頼性の向上、セキュリティの向上(ブロックディスク)
- Unmanagedストレージサービス Blob、テーブルはIoTデータなど、キューはサービス連携、ファイルストレージはSMBプロトコルを使用
- Blob 非構造化データを格納するインターネットストレージ
- ローカル冗長が基本
- ゾーンレプリケーションもできるようになっていく

■PaaS (DB)
- 重要ポイント、サーバの性能ではなく必要なスループットを選ぶ
- チューニング観点もOSやサーバの設定ではなく、スキーマ設計やインデックス設計、クエリチューニングが求められる
- DTU 性能指標をわかりやすく出している 性能問題でクラウドに躓かないようにあらかじめ性能指標を出して提供している
- 月500円で性能がコミットされ、月1000円で西日本/東日本で冗長化され性能がコミットされたDBを持てる

■バックエンド、運用系
- リソースグループ、リージョンをまたいで複数のリソースをグルーピング
- ロールベースのアクセス制御
- Azure Backup ファイル単位のリストアも可能 バックアップサーバ無しでできる
- Azure Site Recoveryで災害対策
- Network Watcher パケットキャプチャを取れる
- Application Insight 可視化

Azureをもっとお得に使うために

■Reserved VM Instance
- 途中変更可能
- 途中キャンセルも可能 (キャンセル料が発生)
- Windows ServerのSAを持ち込むとLinux費用でWinサーバを使える

まとめ

AWSの知識をベースにAzureの各サービスを紹介して頂いたウェビナーでした。バックエンド、運用系サービスはWindowsというOSを提供する Microsoft 強みとして管理系のツールが揃っている印象を受けました。

本セッションはAzureの様々なサービスを体系的に説明してくれるので、これからAzureを使ってみたいという方にはうってつけかと思います。
来月3月15日 (木) にも3月版として実施されるようなので、興味のある方は是非受講してみてください。
[ウェビナー]Azure ならこうする、こうできる! ~AWS 技術者向け 最新Azureサービス解説~ 2018年3月版