Azure Content Delivery NetworkでWeb apps を活用する

■概要

Azure Content Delivery Network(Azure CDN)は、世界中に点在するエッジサーバ(キャッシュサーバ)によりコンテンツに
アクセスした地域から一番近いエッジサーバから低レイテンシーで静的・動的コンテンツを配信することができるサービス
です。
また、DDoS対策の機能もあり、サイトのセキュリティ向上を図ることができます。

価格レベルが3種類あり、「Standard Akamai」、「Standard Verizon」、「Premium Verizon」の中から選択するように
なっています。
それぞれの内容・料金を下記に記載いたします。

■価格レベルの違い ※2016/11/15時点

■Web appsの利用

それでは実際にWeb appsをエンドポイントとして利用できるようにしてみましょう!

Web apps は、「【Azure】App Service 5分でできるWeb Apps~デプロイ編~」で作成したもので試します。

サービスからCDNを選択、情報を記載します。

デプロイが終わりましたら、Azure CDN にWeb apps の情報を記載します。
Web appsを指定するため今回は、「配信元の種類」のプルダウンからWebアプリを選択します。
記載が終わりましたら「配信元のホスト名」をクリックします。

画面が表示できたら成功です!

■料金 ※2016/11/15時点

■おまけ

・Geoフィルタ
Geoフィルタは、国単位でアクセスを許可・拒否を指定することができる機能です。
Azure CDNは上記の通りDDoS保護に対応しておりますが、そもそもアクセスから遮断することにより、
安全に配信することができます。

・キャッシュの種類
キャッシュは、「クエリ文字列を無視」、「クエリ文字列に対するキャッシュをバイパス」、「一意のURLをすべてキャッシュ」の3項目から選択することができます。

・リアルタイム分析
リアルタイム分析は、Premiumのみ対応となっており、概要項目の「管理」をクリックすると分析結果の画面となります。

また、リアルタイム分析は以下の項目をそれぞれ取得することができます。

■HTTP/HTTPS取得可能項目
「帯域」、「転送量」

■HTTPのみ取得可能項目
「ステータスコード」、「キャッシュステータス」、「キャッシュヒット率」、「CNAME」

■その他取得可能項目
「IPv4/IPv6」

いかがでしたでしょうか?
本記事は以上となります。

ありがとうございました。


【Knowledge・Search編】Azure Cognitive Servicesの価格と概要を調べてみた

現在本レシピ内で公開されているAzure Cognitive Services

「~【LANGUAGE編】AZURE COGNITIVE SERVICESの価格と概要を調べてみた~ 1/2 」
「~【LANGUAGE編】AZURE COGNITIVE SERVICESの価格と概要を調べてみた~2/2 」

では、本題!Azure Cognitive Servicesをちょっと調べてみました。

■Knowledge(知識)

Knowledge(知識)には、以下の4つのサービスがあります。

♦Recommendations API
・どんなAPIなの?どんなとき使うの?
このAPIは、オンラインショッピング等でよく見かけるようになりましたレコメンドが利用できるサービスとなっています。
マイクロソフトが今まで集めたデータから顧客が関心のある商品、購入する可能性が高い商品、購入したものと関連のある商品を予測し、表示します。
また、顧客のクリックパターンや購入履歴からその顧客専用のレコメンドが利用できるようになります。最初は大衆向けだったレコメンドが使えば使うほど自分専用のレコメンドになるので買い物がどんどん楽しくなっていきますね!

・価格
無料:最大10,000トランザクション/月
S1 Standard:75ドル/月、最大100,000トランザクション/月
S2 Standard:500ドル/月、最大1,000,000トランザクション/月
S3 Standard:2,500ドル/月、最大10,000,000トランザクション/月
S4 Standard:5,000ドル/月、最大50,000,000トランザクション/月

♦Academic Knowledge API
・どんなAPIなの?どんなとき使うの?
このAPIでは、予測変換やグラフを作成します。
予測変換はご存知の通り、文字を打ち込んだ際その文字から単語や文を予測して変換候補として表示してくれるサポート機能です。「~【Language編】Azure Cognitive Servicesの価格と概要を調べてみた~2/2」」 のWeb Language Model APIと似ていますがこちらは次の単語を予測、Academicは今打ち込んでいる単語を予測するので使い方が若干違うようです。

・価格
無料:10,000トランザクション/月
有料:0.25ドル/1000トランザクション、最大処理速度10トランザクション/秒

♦Entity Linking Intelligence Service
・どんなAPIなの?
固有名詞、普通名詞を判別します。また、デモでは文脈に応じて同じ単語や似たような単語にそれぞれ下線が引かれわかりやすくなっており、ウィキペディアとも連携して参照できるようです。

・価格
無料:1,000トランザクション/日

サンプルデモはこちら

♦Knowledge Exploration Service
・どんなAPIなの?
打ち込んだ単語を自動補完し、似たような単語を打ち込んだ際に予測変換の候補として表示します。

・価格
無料:最大10,000オブジェクトまたは1,000トランザクション
有料:利用状況に応じて変動するが、無制限に利用ができる。

■Search(検索)

Search(検索)には、以下の5つのサービスがあります。

♦Bing Autosuggest API
・どんなAPIなの?どんなとき使うの?
このAPIはウェブ検索がしたい単語の頭文字を入力することで候補となる単語や文を検索し、候補としてリンク付きで表示してくれます。
ウェブ検索したいとき、スペルを忘れてしまったときに便利かもしれません!

・価格
無料:最大10,000トランザクション/月、最大3ヵ月
S1 Standard:3ドル/月、最大10,000トランザクション/月、超過できない
S2 Standard:30ドル/月、100,000トランザクション/月、超過金30ドル/100,000トランザクション
S3 Standard:270ドル/月、1,000,000トランザクション/月、超過金30ドル/100,000トランザクション

サンプルデモはこちら

♦Bing Image Search API
・どんなAPIなの?どんなとき使うの?
このAPIは、画像をウェブ検索します。デモでは“cute animals”画像で検索しているため動物の画像が検索されています。画像をクリックしてみますと検索された画像一覧がスライドで見ることができるようになっています。
また、パラメータで指定もできるため写真だけでなくGifファイルやクリップアート、画像のサイズ等を選択することができます。

・価格
無料:最大1,000トランザクション/月、最大3ヵ月
S1 Standard:3ドル/月、最大1,000トランザクション/月、超過できない
S2 Standard:30ドル/月、10,000トランザクション/月、超過金30ドル/10,000トランザクション
S3 Standard:300ドル/月、100,000トランザクション/月、超過金30ドル/10,000トランザクション
S4 Standard:2,700ドル/月、1,000,000トランザクション/月、超過金30ドル/10,000トランザクション
S5 Standard:8,100ドル/月、3,000,000トランザクション/月、超過金30ドル/10,000トランザクション

サンプルデモはこちら

♦Bing News Search API
・どんなAPIなの?どんなとき使うの?
このAPIは、ニュースをウェブ検索します。デモでは“world news”、パラメータを”ja-jp”で検索をかけ、日本に関係する世界的なニュースが検索されています。

・価格
無料:最大1,000トランザクション/月、最大3ヵ月
S1 Standard:3ドル/月、最大1,000トランザクション/月、超過できない
S2 Standard:30ドル/月、10,000トランザクション/月、超過金30ドル/10,000トランザクション
S3 Standard:300ドル/月、100,000トランザクション/月、超過金30ドル/10,000トランザクション
S4 Standard:2,700ドル/月、1,000,000トランザクション/月、超過金30ドル/10,000トランザクション
S5 Standard:8,100ドル/月、3,000,000トランザクション/月、超過金30ドル/10,000トランザクション

サンプルデモはこちら

♦Bing Video Search API
・どんなAPIなの?どんなとき使うの?
このAPIは、動画をウェブ検索します。デモではパラメータを“ja-jp”にして、“自然 微速度撮影”で検索をかけてみました。

・価格
無料:最大1,000トランザクション/月、最大3ヵ月
S1 Standard:3ドル/月、最大1,000トランザクション/月、超過できない
S2 Standard:30ドル/月、10,000トランザクション/月、超過金30ドル/10,000トランザクション
S3 Standard:300ドル/月、100,000トランザクション/月、超過金30ドル/10,000トランザクション
S4 Standard:2,700ドル/月、1,000,000トランザクション/月、超過金30ドル/10,000トランザクション
S5 Standard:8,100ドル/月、3,000,000トランザクション/月、超過金30ドル/10,000トランザクション

サンプルデモはこちら

♦Bing Web Search API
・どんなAPIなの?どんなとき使うの?
このAPIは、通常のウェブ検索をします。デモではパラメータを “ja-jp”にして、 “天気”で検索してみました。
最初にご紹介させて頂きましたBing Autosuggest APIとの違いは頭文字で予測するか部分一致で検索をかけるか の違いとなります。

・価格
無料:最大1,000トランザクション/月、最大3ヵ月
S1 Standard:3ドル/月、最大1,000トランザクション/月、超過できない
S2 Standard:30ドル/月、10,000トランザクション/月、超過金30ドル/10,000トランザクション
S3 Standard:300ドル/月、100,000トランザクション/月、超過金30ドル/10,000トランザクション
S4 Standard:2,700ドル/月、1,000,000トランザクション/月、超過金30ドル/10,000トランザクション
S5 Standard:8,100ドル/月、3,000,000トランザクション/月、超過金30ドル/10,000トランザクション

サンプルデモはこちら

最後までご覧いただきましてありがとうございます!

次回は実際にCognitive Servicesを触り、ご紹介ができたら・・・と考えておりますのでよろしくお願い致します!

■参考URL
Microsoft-Cognitive


Azure App Service 5分でできるLogic Apps~デプロイ編~

■Azure App Service 価格と概要

価格と概要については弊社レシピ「AZURE APP SERVICEについて~概要編~」をご参照ください。

■Logic Apps

オンプレミス、クラウドを問わずあらゆる場所にあるアプリやデータ、デバイスに安全に接続することができ、
フローを自動化することができます。

■本題

では、実際に作成していきます。
下の図のように、新規→WEB+モバイル→Logic Appsの順に選択していきます。


それぞれの項目を記入します。

デプロイが完了しました。デプロイした“Logic Apps“の確認をしてみましょう。
“すべてのリソース“から種類「Logic App」を選択します。

すると、テンプレートが表示されます。
今回は「新しいツイートがハッシュタグと一致する場合に Slack に投稿する」を選択しました。

Twitter、Slackのサインインとなりますのでアカウント情報を入力し、サインインします。

サインインできましたらそれぞれの設定となります。
Slackの設定は、
テンプレートでは自分の「Direct Message」には送れないようになっているので新たにチャンネルを作成する必要が
あります。

※プライベートのチャンネルでも問題ありません。
※ツイート検索の言葉は注意しないとSlackのチャンネルがすごいことになるのでご注意下さい。

では、ツイートして「Run」で実行してみましょう!

Slackにメッセージが来ました!

今回は誰でも簡単に設定ができることを目標としていたためテンプレートを使用しましたがプログラムで設定することも
できます。
プログラムでもっと細かく設定したい!という方はこちら

いかがでしたでしょうか?

本記事は以上となります。
最後までご覧いただきましてありがとうございました!

■参考URL

・AZURE APP SERVICEについて~概要編~

・Logic Apps詳細


~【Speech編】Azure Cognitive Servicesの価格と概要を調べてみた~

今回は、Cognitive ServicesのSpeech(音声)についてご紹介させて頂きます。

■Cognitive Servicesの概要

概要は、弊社で公開しておりますレシピがございますのでこちらをご参考ください。
「~【Language編】Azure Cognitive Servicesの価格と概要を調べてみた~1/2」

■Speech(音声)

では、本題です!

♦概要
Speech(音声)は、音声を文字に変換や誰の音声か判別ができるサービスです。
サービス(API)は以下の3つがあります。

♦Bing Speech API
・どんなAPIなの?どんなとき使うの?
このAPIは音声を認識し、様々な音声データや生の声をテキストにリアルタイムで変換できます。
「~【Language編】Azure Cognitive Servicesの価格と概要を調べてみた~1/2」
でご紹介させて頂きましたLanguage Understanding Intellingent Serviceモデルを使用するとアプリケーションによって音声をテキストへ変換するだけでなく、話し手の意図を解析して、アプリ内で“アラームの設定”などの設定ができます。
また、テキストから音声へデータとして変換されたとき、ユーザーが設定していた場合、音声を再生します。

※テキストから音声への変換、再生デモ

・価格
無料:5,000トランザクション/月
音声からテキストへ:4ドル/1000トランザクション、最大1000文字/トランザクション
認識時間(短い):4ドル/1000トランザクション、最大15秒/トランザクション
 〃 (長い):10時間9ドル/時、10時間超~100時間7.5ドル/時、100時間超5.5ドル/時、最大2分/トランザクション

♦Speaker Recognition API

・どんなAPIなの?どんなとき使うの?
音声を認識させることによって話し手を照合、認証するツール。
あらかじめ音声を認識させておき、音声でだれが話し手か識別するツール。

※話し手識別

◆価格 ※プレビュー割引
無料:照合、識別の合計10,000トランザクション/月
話し手照合:0~50,000まで5ドル、50,001~100,000トランザクションまで4.5ドル、100,001~250,000トランザクションまで4ドル、250,001~500,000トランザクションまで3.5ドル、500,001トランザクション~ 3ドル(1000トランザクション毎に課金)
話し手識別:0~50,000トランザクションまで10ドル、50,001~100,000トランザクションまで9ドル、100,001~250,000トランザクションまで8ドル、250,001トランザクション以上は7ドル

♦Custom Recognition Intelligent Service(CRIS)
・どんなAPIなの?どんなとき使うの?
アプリケーションに登録されている言葉や話し方を調節、より自分に合った環境になるように音声認識、音響モデルをカスタマイズできます。
また、アプリケーションに合わせてカスタマイズした音声認識をエンドポイントにデプロイします。

◆価格
お問い合わせが必要

いかがでしたでしょうか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

次回はKnowledge、Searchについてご紹介させていただきます!

■参考URL

Microsoft-Cognitive
Microsoft-Cognitive


~【Language編】Azure Cognitive Servicesの価格と概要を調べてみた~2/2

前回の「~【LANGUAGE編】AZURE COGNITIVE SERVICESの価格と概要を調べてみた~ 1/2」のLanguage Understanding Intelligent Service API、Text Analytics APIに引き続き、今回は残り3つのサービスをご紹介していきます!

♦Web Language Model API

・どんなAPIなの?どんなとき使うの?
このAPIは、英語の単語の組み合わせを理解していきます。
例としては“Thank you”と打とうとしているときに“Thank“まで打つと“you“が予測変換として出てくるといった感じです。いつも打つ英文を認識して、自分に合った変換をしてくれるので時間の短縮ができ、作業効率が上がりますね!
また、単語自体も認識しているため単語をつなげて“Thankyou”と打ち込んでしまっても自動で間に空白(スペース)を入れてくれるのでミスを減らせる便利なサービスです!

・価格
無料:100,000トランザクション/月
有料:0.05ドル/1,000トランザクション、最大処理速度1,000トランザクション/秒

・デモ
https://www.microsoft.com/cognitive-services/en-us/web-language-model

♦Bing Spell Check API

・どんなAPIなの?どんなとき使うの?
このAPIは、単語を認識し、頭文字を大文字に変換、単語の途中で空白(スペース)が入っていてもスペースを消して正しい単語に修正してくれます。先ほどご紹介したAPIと少し似ていますね。
また、誤字脱字や同音異義語を文脈から判断してくれるので他のAPIと組み合わせることでケアレスミスを限りなく0に近づけることができるのではないでしょうか!?

・価格
無料:最大5,000トランザクション/月
S1 Standard:5ドル/月、最大10,000トランザクション/月、超過できない
S2 Standard:50ドル/月、最大100,000トランザクション/月、超過50ドル/100,000トランザクション
S3 Standard:450ドル/月、最大1,000,000トランザクション/月、超過50ドル/100,000トランザクション

・デモ

https://www.microsoft.com/cognitive-services/en-us/bing-spell-check-api

♦Linguistic Analysis API

・どんなAPIなの?どんなとき使うの?
品詞のタグ付けができるので動詞や名詞が見つけやすく、文の意味を理解するのに役立てられます!英語の理解をより深めるための勉強ツールとしても使えるかもしれませんね。

・価格
無料:最大5,000トランザクション/月、最大処理速度2トランザクション/秒

・デモ

https://www.microsoft.com/cognitive-services/en-us/linguistic-analysis-api

以上がLanguageについてのご紹介となります。

最後までご覧いただきありがとうございます!

次回はSpeech(音声)についてレシピを書いてみたいと思いますのでよろしくお願いします

参考URL
■Cognitive Services
https://www.microsoft.com/cognitive-services/en-us/apis


~【Language編】Azure Cognitive Servicesの価格と概要を調べてみた~ 1/2

初めまして!今回が初投稿で、至らない点も多々あるかと思いますが最後まで読んでいただければ幸いです!

では、さっそく本題!Azure Cognitive Servicesをちょっと調べてみました。

■Azure Cognitive Servicesとは?

Cognitive Servicesとは、今までMicrosoftが集めたデータを基に人工知能が文字や音声、画像・映像を認識したり、次の文字や動きを予測したり、判断するサービスです。

サービスの種類がVision、Speech、Language、Knowledge、Searchの5種類あります。

■Azure Cognitive Servicesのコンソールについて

Azure新ポータルでCognitive Servicesを立ち上げる方法は2パターンあります。
・1つ目が新規→ Intelligence→Cognitive Services APIs
・2つ目が参照→Cognitive Services account

クリックするとどのAPIを使いたいのか、どの価格帯を使いたいのかを選択する画面となります。

デプロイが完了するとクイックスタートという項目があり、IntroductionやGet started、Get free toolsがあります。

Introduction・・・About Cognitive Services、選択したCognitive ServiceのAPIがあり、About Cognitive Servicesをクリックして進めると導入のための購入画面に進みます。

選択したサービスAPIをクリックすると簡単な概要と価格のページに進みます。

Get started・・・API Documentation、Developer Code of Conductがあり、API Documentationをクリックすると選択したAPIのドキュメントを見ることができます。

Developer Code of Conductをクリックすると利用規約のページに進みます。

Get free tools・・・ProjectOxford-ClientSDKにてAndroid、Python、WindowsのそれぞれのSDKが提供されています。

次より、Cognitive Services の中のLanguageについてご紹介したいと思います!

■Language(言語)

Language(言語)は、以下の5つのサービス(API)があります。

今回はそのうち2つのサービスについて、各サービスの概要と価格帯をご紹介いたします。次回に残りの3つのサービスについてご紹介させて頂きたいと思います。

■Language Understanding Intelligent Service API

・どんなAPIなの?どんなとき使うの?
このAPIは、次回ご紹介する予定のBing Speech APIというAPIと組み合わせることで
音声を認識して様々な処理ができます。
アプリケーションにBing(検索エンジン)とCortana(パーソナルアシスタント機能)をスマホやタブレット、PCに組み込むことで“目覚ましを午前8時に設定”、“会社に着いたら薬を飲むよう通知”といった処理ができるようになるので忘れがちな行動を自動で通知してもらえるようにできます。
また、音声で処理ができるため手の不自由な方の助けにもなるかと思います。

・価格
無料:100,000トランザクション/月
Standard:0.75ドル/1000トランザクション(最大10トランザクション/秒)

■Text Analytics API

・どんなAPIなの?どんなとき使うの?
このAPIは、英語のテキストを分析し、評価をだしたり、重要な部分を抜き出したりできるAPIです。英語が苦手な方に最適なAPIですね!

デモがあるようなので使ってみました!

デモのURLはこちら↓
https://text-analytics-demo.azurewebsites.net/

文章がポジティブな文章なのかネガティブな文章なのかも判定できるみたいで、100%に近いほどポジティブ、0%に近いほどネガティブのようです。
今回は“これはペンです”と英語で書いただけですのでどちらでもない46%という結果になったようです。なかなかおもしろいですね!

また、言語の検出もできるため、そもそも何語で書かれているかもわからない!といった場合でも120言語サポートしていて特定することができます。120なので有名な言語だけかもしれませんが試してみる価値はあるかと思います!

実際にタミル語で試してみました!

言語が検出できました!ですが、重要な部分の抜き出しと感情の判定はまだ対応できていないようですね。

・価格 ※プレビュー割引適用
無料:5000トランザクション/月
S1 Standard:150ドル/月(100,000トランザクション)、超過金1.5ドル/1000トランザクション
S2 Standard:500ドル/月(500,000トランザクション)、超過金1ドル/1000トランザクション
S3 Standard:1,250ドル/月(2,500,000トランザクション)、超過金0.5ドル/1000トランザクション
S4 Standard:2,500ドル/月(10,000,000トランザクション)、超過金0.25ドル/1000トランザクション

本記事は以上になります。最後までお読みいただきありがとうございました。
次回はLanguageの残りの3つのサービスをご紹介させていただきます!