【会議でも活用】Visual Studio Code を便利に使う

はじめに

よく開発環境として Visual Studio Code (以下VSCode) を利用しています。
メモ書き等は Markdown で記述する場合が多く、 VSCode 上で記載したいと思いました。

※Markdown エディターは Boostnote 等が有名ですよね。

そんな矢先 VSNotes なる拡張機能があることを知り導入してみました。

  • 導入方法と OneDrive などのクラウド環境との、同期方法を紹介していきます
  • 非エンジニアの方にもおすすめです
  • メモを見やすく整理したい方にもおすすめ

どんな感じで管理するの?

タグとディレクトリでファイルを管理することが出来ます。
プレビューもコマンドを使用してすばやく行うことが可能です。
多機能ではないですがメモ書きには充分と思っています。
image.png

実行環境

Windows 10
Visual Studio Code – 1.33.1
VSNotes – 0.7.0

インストールと環境整備

拡張機能の検索窓から「VSNotes」を検索しインストールを実行
image.png
インストールが完了するとタブにアイコンが表示されます
image.png
F1キーを押し VSNotes の Run setup コマンドを実行する
image.png
右下にポップアップウィンドウが出現するので「Start」をクリックする
image.png
.mdファイルを保存するディレクトリを指定する ( OneDrive等クラウドだと幸せになれる )
image.png
あとは指定したディレクトリに.mdファイルを入れて運用していくことになります

使い方

Markdownファイルの生成
ファイル生成パターン1 : コマンドから新規のファイルを生成する
image.png
ファイル生成パターン2 : 対象ディレクトリにmdファイルを入れる

フォルダ構造で入れても大丈夫

更新ボタンを押すと表示されます
image.png
プレビュー機能
Markdown ファイルのプレビュー : F1からMarkdown : Open Previewを選択
image.png
プレビューウィンドウが表示される

image.png
他にも機能はありますが使う分にはこれで充分かと思ってます。

まとめ

VSCode で Markdown のメモを作成するのに、オススメな拡張機能「VSNotes」の紹介記事でした。
複数のPCやMacも併用して、業務を行う自分としては非常に助かっているツールになります。
VSCode ひとつでコードだけでなく、日常業務のツールとして使えるので
何個もツールウィンドウを開いたり、動作が重くなったりが軽減されるのも良い点です!


便利に使える負荷分散サービス!Azure Application Gateway入門【初心者向け】

はじめに

今回はAzure Application Gateway のご紹介です。
HTTP/HTTPSのトラフィックを柔軟に負荷分散することができます。

image.png

Azure Application Gatewayの概要

アプリケーション層 (OSIネットワーク参照モデルの第7層)で動作する負荷分散機能です。
Azure Load Balancer でも負荷分散はできますが、Application Gatewayではより柔軟に、パスベースの振り分け等の機能も提供されます。

Application Gatewayの機能

Application Gatewayを作成すると、エンドポイントがAzure Load Balancerによって提供されます。
Azure Load BalancerはトラフィックをApplication Gatewayインスタンスに分散し、インスタンス上で各種の処理が行われます。

image.png

引用元

Application GatewayはSmall、Medium、Largeの3つのサイズが選べます。
上のサイズになるほど以下の表のようにスループットが向上します。

Application Gatewayの詳細なサービス範囲

Application Gatewayは、サブスクリプションごとに最大50個まで作成できます。
各Application Gatewayには最大10個のインスタンス(L7の仮想負荷分散装置)を割り当てることができます。
また、Application Gatewayには20個のHTTPリスナーを作成できます。

image.png

引用元

トラフィックの分散

Application Gatewayへのトラフィックはラウンドロビン方式で、バックエンドのサーバに分散されます。

SSL終端とオフロード

Application GatewayがSSL終端となってHTTPSとHTTPへの変換を行います。
復号・暗号化をApplication Gateway上で行うことでバックエンドのCPU負荷を削減します。

エンド・ツー・エンドSSL

  • HTTPS通信をHTTPに変換、URLパスベースのルーティング、CookieベースのセッションアフィニティなどのApplication Gateway上での処理を行います。
  • 再びHTTPからHTTPSに変換して、バックエンドにトラフィックを流します。
  • Application Gatewayとバックエンド間のエンド・ツー・エンドのHTTPS通信を維持しながら、各種機能も利用することが可能になります。

Cookieベースのセッションアフィニティ

Cookieを利用して、ユーザセッションを特定のバックエンドに送ることができます。
ユーザのセッション情報をバックエンドで保存したり管理したりする場合に役に立ちます。

URLパスベースのルーティング

事前に設定したURLパスベースのルールに則って、特定のバックエンドにトラフィックを振り分けることができます。
例えば、
http://contoso.com/video* に対する要求はVideoServerPoolに
http://contoso.com/images* に対する要求は ImageServerPool にそれぞれルーティングできます。

image.png

複数サイトのホスト

最大で20のWebサイトを1つのApplication Gatewayで処理、バックエンドに転送することができます。
例えば、1つのApplication Gatewayを使って、www.hogehoge.com と www.foobar.com のような2つのドメインへのトラフィックをコントロールできます。

リダイレクト

Application Gateway上でリダイレクトも可能です。
HTTPからHTTPSへのリダイレクト、パスに基づくリダイレクト、外部サイトへのリダイレクトが可能です。
サーバを立てなくてもいろんなパターンのリダイレクトを行えるのは便利です。

Webアプリケーションファイアウォール(WAF)

  • Application Gatewayで提供され、脆弱性や攻撃からWebアプリケーションを保護できます。
  • SQLインジェクション、クロス・サイト・スクリプティングなどからの保護が提供
  • WAFには、検出モードと防止モードがある
  • 検出モードの場合は、許可されない通信が発生すると、ログに記録されます。
  • 防止モードは検知と同時にさらに通信がブロックされ、アクセスしたユーザには「403 不正アクセス」が表示されセッションが終了します。

監視

Application Gatewayにつながるバックエンドの死活監視を行い、異常なインスタンスへの振り分けを停止することもできます。
「既定の正常性プローブ」はルートパスに対するHTTP応答確認により死活を監視できます。
「カスタムの正常性プローブ」では、さらに柔軟にURLパスや監視のパラメータを個別に設定できます。

その他

  • Application Gateway は、インターネット接続ゲートウェイ、または内部的にのみ使用されるゲートウェイのいずれかとして構成できる
  • Application Gatewayの属するサブネット上にネットワークセキュリティグループ(NSG)がある場合、65503~65534のポート範囲をインバウンドトラフィック用に開いておく必要がある。
  • WebSocket通信のサポートがある
  • WAFはサイズMediumとLargeで利用可能。

料金

Application Gatewayを構成して利用した時間と、Application Gatewayによって処理されたデータ量(GB単位)に対して課金されます。

Azureデータセンター外へ出ていくデータの転送量ももちろん課金されます。

最後に

このサービスを利用することで、ネットワーク機器、HTTPサーバのレイヤなど、複数の機器、ソフトにまたがって行っていた設定を、
Application Gateway上で一括して管理することができ、猥雑な作業を短縮できるので開発に注力できるようになります。

スループットレベルやインスタンス数を自分である程度コントロールできるようになります。
事前に想定した負荷に備えることができるので、コストの想定やトラブルを最小限に抑えられるようになりますので、活用していきたいですね!