雑コラBOTを作ろう⑦: Azure Functionsで画像加工をして雑コラを作る

Michaelです。 「雑コラBOT」の作成の過程からAzure Functionsの設定方法を紹介する「雑コラBotを作ろう」の7回目です。 今回は、いよいよ「雑コラ」を作る仕組みを作成し、雑コラBotを完成させます。 <h2>構成 </h2> 画像処理用のPython関数に画像処理ライブラリ… 続きを読む

雑コラBOTを作ろう⑥: Face APIで顔検出をしてみる

Michaelです。 「雑コラBOT」の作成の過程からAzure Functionsの設定方法を紹介する「雑コラBotを作ろう」の6回目です。 今回からはいよいよ「雑コラ」を作る仕組みを作成していきます。まずは、「雑コラ」を作るうえで重要な顔の位置を特定するために、Face APIを追加して顔の検出をしてみます。 &l… 続きを読む

雑コラBotを作ろう⑤: Azure FunctionsからSlackにメッセージを投稿する

Michaelです。 「雑コラBOT」の作成の過程からAzure Functionsの設定方法を紹介する「雑コラBotを作ろう」の5回目です。 今回は、Azure FunctionsからSlackにメッセージを投稿する関数を作成し、Blob Storageにアップロードされた画像のSAS URLを投稿する仕組みを作りま… 続きを読む

雑コラBOTを作ろう③: Azure Functionsで画像をダウンロードしてBlob Storageに保存する

Michaelです。   「雑コラBOT」の作成の過程からAzure Functionsの設定方法を紹介する「雑コラBotを作ろう」の3回目です。 前回は、Slackに投稿されたメッセージを整形してQueue Storageに格納し、関数の連携ができる状態にしました。今回は、前回設定したキューメッセージをトリ… 続きを読む

雑コラBotを作ろう②: Azure FunctionsのQueue Storage バインドでSlack のメッセージをQueue Storageに格納する

Michaelです。 「雑コラBOT」の作成の過程からAzure Functionsの設定方法を紹介する「雑コラBotを作ろう」の2回目です。 前回は、Azure FunctionsでSlackのオウム返しBOTを作成しました。今回は、Azure Functions同士を連携するために、受けたメッセージからURLを抽出… 続きを読む

Azure Databricksを使ってみた

渡邊です。 Apache Sparkベースの分析プラットフォーム「Databricks」がAzure上で使用出来るようになりました。 今回はこの「Azure Databricks」をなるべく簡単な構成で使ってみます。 1. 構成図 構築する環境の構成は下図の通りです。 2. 全体の流れ 下記の流れで進めていきます。 ・… 続きを読む

Azureに強い技術情報サイト