カテゴリー別アーカイブ: Cognitive Services

雑コラBOTを作ろう⑦: Azure Functionsで画像加工をして雑コラを作る

Michaelです。 「雑コラBOT」の作成の過程からAzure Functionsの設定方法を紹介する「雑コラBotを作ろう」の7回目です。 今回は、いよいよ「雑コラ」を作る仕組みを作成し、雑コラBotを完成させます。 <h2>構成 </h2> 画像処理用のPython関数に画像処理ライブラリ… 続きを読む

雑コラBOTを作ろう⑥: Face APIで顔検出をしてみる

Michaelです。 「雑コラBOT」の作成の過程からAzure Functionsの設定方法を紹介する「雑コラBotを作ろう」の6回目です。 今回からはいよいよ「雑コラ」を作る仕組みを作成していきます。まずは、「雑コラ」を作るうえで重要な顔の位置を特定するために、Face APIを追加して顔の検出をしてみます。 &l… 続きを読む

雑コラBotを作ろう⑤: Azure FunctionsからSlackにメッセージを投稿する

Michaelです。 「雑コラBOT」の作成の過程からAzure Functionsの設定方法を紹介する「雑コラBotを作ろう」の5回目です。 今回は、Azure FunctionsからSlackにメッセージを投稿する関数を作成し、Blob Storageにアップロードされた画像のSAS URLを投稿する仕組みを作りま… 続きを読む

Cognitive Services: HoloLens で撮影した動画をVideo APIでブレ補正してみた① 準備編 (プレビュー)

こんにちは、Michaelです。 今回から2回に分けて、Video APIの「Stabilization」機能を使って動画のブレ補正を試してみます。 1回目は、準備編としてVideo APIの概要とAPIキーの取得まで進めていきます。 Video APIの「Stabilization」機能 Video APIは、その名… 続きを読む

Cognitive Services: OCR機能で名刺読み取りプログラムを作ってみた

Michaelです。 今回は、Microsoft Cognitive ServicesのComputer Vision APIで利用できるOCR機能を使って名刺読み取りプログラムを作ってみました。 名刺のデータ化について お客様との打ち合わせや展示会に参加すると必ず交換される「名刺」ですが、SFAやCRMで管理するため… 続きを読む